知り合って4カ月のスピード婚だった鈴木杏樹

公開日:  更新日:

<1998年6月>

 今年2月3日に外科医の夫の死が報じられた鈴木杏樹。

 ロンドンへの音楽留学からイギリスデビューという異色の経歴を持ち、1991年の帰国後は女優として活躍。95年からはフジテレビ「ミュージックフェア」の司会も務めているが、番組収録中に倒れたことが知り合うきっかけだった。

 98年1月19日、鈴木(当時28)は「ミュージックフェア」収録中に腸閉塞を患って都内の病院に搬送された。その緊急手術の執刀医師団に参加していたのが山形基夫さん(当時41)。乳がんの手術論文を発表したり、内視鏡手術がテレビで取り上げられたりするなど、がんや胃腸関係手術の権威として有名なエリート医師だった。

 鈴木は手術後、20日間入院した。「入院した時はもう痛くて痛くて。先生や看護婦さんはみんな天使に見えました」と語った鈴木。当初、山形さんは鈴木が芸能人であることを知らず、単なる医師と患者という関係だったが、「細かいことをクヨクヨするのはいけない。のんびりと仕事をしなさい」とアドバイスするなど話をしていくうちに、2人は打ち解けるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る