知り合って4カ月のスピード婚だった鈴木杏樹

公開日:  更新日:

<1998年6月>

 今年2月3日に外科医の夫の死が報じられた鈴木杏樹。

 ロンドンへの音楽留学からイギリスデビューという異色の経歴を持ち、1991年の帰国後は女優として活躍。95年からはフジテレビ「ミュージックフェア」の司会も務めているが、番組収録中に倒れたことが知り合うきっかけだった。

 98年1月19日、鈴木(当時28)は「ミュージックフェア」収録中に腸閉塞を患って都内の病院に搬送された。その緊急手術の執刀医師団に参加していたのが山形基夫さん(当時41)。乳がんの手術論文を発表したり、内視鏡手術がテレビで取り上げられたりするなど、がんや胃腸関係手術の権威として有名なエリート医師だった。

 鈴木は手術後、20日間入院した。「入院した時はもう痛くて痛くて。先生や看護婦さんはみんな天使に見えました」と語った鈴木。当初、山形さんは鈴木が芸能人であることを知らず、単なる医師と患者という関係だったが、「細かいことをクヨクヨするのはいけない。のんびりと仕事をしなさい」とアドバイスするなど話をしていくうちに、2人は打ち解けるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る