病院ロケができない? 徳洲会事件にTV・映画業界が困惑

公開日:  更新日:

 日本最大の医療法人グループ「徳洲会」の選挙違反事件は、自民党(離党)の徳田毅衆院議員(42)の姉2人を含む6人が公職選挙法違反で逮捕され、大スキャンダルへと発展した。今後の動向に注目だが、この一件で思わぬトバッチリを食ったのが、テレビドラマ業界だ。

 東京地検が11月12日に逮捕した6人には、東京西徳洲会病院(東京都昭島市)事務局長の石川一郎容疑者(58)が含まれている。実はこの東京西徳洲会病院こそ、「医療モノ」ドラマや映画のロケに欠かせない超有名スポット。それが一連の事件の影響なのか、10月1日以降、病棟内ロケの許可が下りず、制作サイドが頭を抱えているという。

 ある制作会社スタッフが言う。

「病院は、中央高速道八王子ICからクルマで約15分と、都心からのアクセスがすこぶるいい。ワンフロアを借り切って、タダ同然で撮影できたので、患者さんにも迷惑をかけずに済んだ。フロアの半分を、別のドラマがロケに使うこともありました。ここまで使い勝手のいい病院は、都内にはほとんどありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る