「さだまさし」でカラオケ世界王者 早大職員の底知れぬ実力

公開日: 更新日:

 のど自慢大会は世界中で開かれているが、この大会のレベルの高さはケタ違いだ。フィンランドで23~24日にかけて行われた「カラオケ世界大会(KWC)2013」で、早大職員の田中照久さん(33)が男性部門で日本人として初優勝した。

「KWCは、フィンランドのリゾートホテル運営会社やカラオケ会社が主催。03年から毎年開かれており、日本代表の参加は昨年から。加盟する30以上の国と地域で予選が行われ、男女1人ずつ本戦に進む。過去には、荒川静香がトリノ五輪のエキシビションで使用した女性の曲(ユー・レイズ・ミー・アップ)を、男性が完璧に歌いこなしたりしていますから、かなりの歌唱力が問われます」(カラオケ業界関係者)

 日本代表は、第一興商が自社のカラオケ機を使って選ぶ仕組み。今年は600万人のエントリーから絞り込まれた29人により、国内の決勝が行われた。この狭き門を突破した田中さんがフィンランドの決勝戦で熱唱したのが「たいせつなひと」(さだまさし)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る