• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さだまさし」でカラオケ世界王者 早大職員の底知れぬ実力

 のど自慢大会は世界中で開かれているが、この大会のレベルの高さはケタ違いだ。フィンランドで23~24日にかけて行われた「カラオケ世界大会(KWC)2013」で、早大職員の田中照久さん(33)が男性部門で日本人として初優勝した。

「KWCは、フィンランドのリゾートホテル運営会社やカラオケ会社が主催。03年から毎年開かれており、日本代表の参加は昨年から。加盟する30以上の国と地域で予選が行われ、男女1人ずつ本戦に進む。過去には、荒川静香がトリノ五輪のエキシビションで使用した女性の曲(ユー・レイズ・ミー・アップ)を、男性が完璧に歌いこなしたりしていますから、かなりの歌唱力が問われます」(カラオケ業界関係者)

 日本代表は、第一興商が自社のカラオケ機を使って選ぶ仕組み。今年は600万人のエントリーから絞り込まれた29人により、国内の決勝が行われた。この狭き門を突破した田中さんがフィンランドの決勝戦で熱唱したのが「たいせつなひと」(さだまさし)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る