「さだまさし」でカラオケ世界王者 早大職員の底知れぬ実力

公開日:  更新日:

 のど自慢大会は世界中で開かれているが、この大会のレベルの高さはケタ違いだ。フィンランドで23~24日にかけて行われた「カラオケ世界大会(KWC)2013」で、早大職員の田中照久さん(33)が男性部門で日本人として初優勝した。

「KWCは、フィンランドのリゾートホテル運営会社やカラオケ会社が主催。03年から毎年開かれており、日本代表の参加は昨年から。加盟する30以上の国と地域で予選が行われ、男女1人ずつ本戦に進む。過去には、荒川静香がトリノ五輪のエキシビションで使用した女性の曲(ユー・レイズ・ミー・アップ)を、男性が完璧に歌いこなしたりしていますから、かなりの歌唱力が問われます」(カラオケ業界関係者)

 日本代表は、第一興商が自社のカラオケ機を使って選ぶ仕組み。今年は600万人のエントリーから絞り込まれた29人により、国内の決勝が行われた。この狭き門を突破した田中さんがフィンランドの決勝戦で熱唱したのが「たいせつなひと」(さだまさし)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る