忘年会のカラオケ接待 全員が知っている曲で盛り上がる

公開日: 更新日:

「私はこれまで1000人以上の幹部クラスに会いましたが、出世された方にカラオケ嫌いはほとんどいません」(パンネーションズ代表・安田正氏)

 このように、接待される側もたいていは歓迎といっていい。

 カラオケがあるクラブやスナックでは、デュエット曲の相手にママやホステスを上手に使うこと。もてなす側と接待相手のデュエットは、お互いが牽制し合ってなかなか実現しない。そんな時、「あちらの部長は『居酒屋』が十八番だから、一緒に歌ってあげて」などと、臨機応変にデュエット相手に指名するのだ。セクハラやパワハラの防止にもなる。

 ちなみに、他のデュエット曲で人気なのは、「3年目の浮気」「もしかしてPARTII」「男と女のラブゲーム」あたりだ。

 選曲のコツは、なるべく参加者全員が知っている曲で盛り上がること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る