忘年会のカラオケ接待 全員が知っている曲で盛り上がる

公開日: 更新日:

「私はこれまで1000人以上の幹部クラスに会いましたが、出世された方にカラオケ嫌いはほとんどいません」(パンネーションズ代表・安田正氏)

 このように、接待される側もたいていは歓迎といっていい。

 カラオケがあるクラブやスナックでは、デュエット曲の相手にママやホステスを上手に使うこと。もてなす側と接待相手のデュエットは、お互いが牽制し合ってなかなか実現しない。そんな時、「あちらの部長は『居酒屋』が十八番だから、一緒に歌ってあげて」などと、臨機応変にデュエット相手に指名するのだ。セクハラやパワハラの防止にもなる。

 ちなみに、他のデュエット曲で人気なのは、「3年目の浮気」「もしかしてPARTII」「男と女のラブゲーム」あたりだ。

 選曲のコツは、なるべく参加者全員が知っている曲で盛り上がること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る