世界で1人の狭き門…NZ航空が募集した 「南極遠征隊員」の“任務”

公開日: 更新日:

 今月17日、ニュージーランド航空が“南極遠征隊員”を募集し、話題を呼んでいる。

「南極―途方もない大地、途方もない任務」と題する企画で、来年1月11日から2月28日までの1カ月余り南極で過ごすという。

 資格はコミュニケーションの取れる英語力と、寒さに耐えられる体力がある満20歳以上の男女というだけ。選ばれるのは世界で1人という狭き門とはいえ、定年退職して時間を持て余している中高年にもチャンスはありそうだ。給与はもらえないが、交通費、宿泊・滞在費等が付いている。

 一体、どんな仕事をするのか。詳しく聞いた。
「すでに日本人からの問い合わせも何件かありました。観測隊や南極スコット基地のメンバーのほか、ナショナルジオグラフィック社のカメラマンとチームを組んで、2週間~2週間半、氷上生活を送ります。任務はペンギンの生態を観察したり、調査や研究の様子をライブリポートすること。ツイッターやフェイスブックなどネットを使って紹介してもらいます。特別なスキルは要りませんが、環境に興味を持ち、面白く伝えていただける方を探しています」(同社広報担当者)

 審査は、自己アピール文と音声ナレーションなどの作品を提出。最終審査に残ったら、健康診断とスカイプによる面接を受けて採用される。チャレンジしてみます?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る