世界で1人の狭き門…NZ航空が募集した 「南極遠征隊員」の“任務”

公開日: 更新日:

 今月17日、ニュージーランド航空が“南極遠征隊員”を募集し、話題を呼んでいる。

「南極―途方もない大地、途方もない任務」と題する企画で、来年1月11日から2月28日までの1カ月余り南極で過ごすという。

 資格はコミュニケーションの取れる英語力と、寒さに耐えられる体力がある満20歳以上の男女というだけ。選ばれるのは世界で1人という狭き門とはいえ、定年退職して時間を持て余している中高年にもチャンスはありそうだ。給与はもらえないが、交通費、宿泊・滞在費等が付いている。

 一体、どんな仕事をするのか。詳しく聞いた。
「すでに日本人からの問い合わせも何件かありました。観測隊や南極スコット基地のメンバーのほか、ナショナルジオグラフィック社のカメラマンとチームを組んで、2週間~2週間半、氷上生活を送ります。任務はペンギンの生態を観察したり、調査や研究の様子をライブリポートすること。ツイッターやフェイスブックなどネットを使って紹介してもらいます。特別なスキルは要りませんが、環境に興味を持ち、面白く伝えていただける方を探しています」(同社広報担当者)

 審査は、自己アピール文と音声ナレーションなどの作品を提出。最終審査に残ったら、健康診断とスカイプによる面接を受けて採用される。チャレンジしてみます?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る