「明るい天気オタク」 気象予報士・森田正光の“身上書”

公開日: 更新日:

 今年は台風が異常に多い。暴風・豪雨に庶民はウンザリだが、異常気象にまんざらでもないのが、テレビに登場するお天気キャスターたちだ。AKBメンバーが多数レギュラーのTBS「ひるおび!」の別コーナーで大活躍している森田正光氏(63)。ユニークな造語でお天気予報を親しみやすくした第一人者だ。

■伊勢湾台風

 9歳の時に、伊勢湾台風を体験した。停電になった部屋の中で、兄が自転車のヘッドランプの明かりを家の中で照らすために必死にこいでいた。強烈な光景のため、気象予報士になった遠因のひとつといわれている。

■プラネタリウム

 昭和29年進駐軍の引き揚げで名古屋のアメリカ村が廃止。跡地に建設された名古屋科学館に小学校5年から6年にかけて毎週のように通い、日本初の大きなプラネタリウムに憧れた。人工の夜空を眺めながら解説を聞いていると時間があっという間に過ぎる。今の気象予報士の直接のきっかけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る