「明るい天気オタク」 気象予報士・森田正光の“身上書”

公開日: 更新日:

 今年は台風が異常に多い。暴風・豪雨に庶民はウンザリだが、異常気象にまんざらでもないのが、テレビに登場するお天気キャスターたちだ。AKBメンバーが多数レギュラーのTBS「ひるおび!」の別コーナーで大活躍している森田正光氏(63)。ユニークな造語でお天気予報を親しみやすくした第一人者だ。

■伊勢湾台風

 9歳の時に、伊勢湾台風を体験した。停電になった部屋の中で、兄が自転車のヘッドランプの明かりを家の中で照らすために必死にこいでいた。強烈な光景のため、気象予報士になった遠因のひとつといわれている。

■プラネタリウム

 昭和29年進駐軍の引き揚げで名古屋のアメリカ村が廃止。跡地に建設された名古屋科学館に小学校5年から6年にかけて毎週のように通い、日本初の大きなプラネタリウムに憧れた。人工の夜空を眺めながら解説を聞いていると時間があっという間に過ぎる。今の気象予報士の直接のきっかけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る