• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「明るい天気オタク」 気象予報士・森田正光の“身上書”

 今年は台風が異常に多い。暴風・豪雨に庶民はウンザリだが、異常気象にまんざらでもないのが、テレビに登場するお天気キャスターたちだ。AKBメンバーが多数レギュラーのTBS「ひるおび!」の別コーナーで大活躍している森田正光氏(63)。ユニークな造語でお天気予報を親しみやすくした第一人者だ。

■伊勢湾台風

 9歳の時に、伊勢湾台風を体験した。停電になった部屋の中で、兄が自転車のヘッドランプの明かりを家の中で照らすために必死にこいでいた。強烈な光景のため、気象予報士になった遠因のひとつといわれている。

■プラネタリウム

 昭和29年進駐軍の引き揚げで名古屋のアメリカ村が廃止。跡地に建設された名古屋科学館に小学校5年から6年にかけて毎週のように通い、日本初の大きなプラネタリウムに憧れた。人工の夜空を眺めながら解説を聞いていると時間があっという間に過ぎる。今の気象予報士の直接のきっかけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る