日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

毒舌・テリー伊藤が猪瀬知事を擁護 理由は“カネ”だった

「あの、まぁ、5000万円借りたのは悪かったと思いますよ。でも、徳田毅議員に返そうと思っていたのは事実だと思う」
「普通、政治家が金を借りる時に借用書を書いた政治家は見たことがない。こういうふうな取引は昔からずーっとあります。お金の貸し借りはチャラになっちゃうんです」

 普段の舌鋒の鋭さはどこへやらだ。発言者はテリー伊藤(63)。猪瀬都知事が徳洲会から現金5000万円を受け取っていたことが発覚。慌てて借用書を公開した翌朝の情報番組「スッキリ!!
」(日本テレビ系)で、不可解なまでに猪瀬擁護を繰り返した。

 それもそのはず――。都政関係者がこう話す。
「テリー伊藤は猪瀬に知事を辞任されたら大弱りなんです」

 どういうことかというと、実はテリーが代表の番組制作会社「ロコモーション」は東京都がスポンサーの広報番組「ToKYo.Boy」(TOKYOMX)の制作を13年以上も請け負っている。そもそもは石原慎太郎が都知事に初当選した時に親交のあったテリーに広報番組の制作を依頼。週1放送の30分番組ながらTOKYOMXの長寿番組のひとつになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事