「半沢直樹」に続き8年ぶり主演映画でも…上戸彩は“女房役”が光る

公開日: 更新日:

 お正月映画で時代劇物は計3作品。「47RONIN」「利休にたずねよ」に続いて上戸彩(28)主演の「武士の献立」(松竹)が先週末、公開になった。「忠臣蔵や千利休を描いた2作と比べると地味な題材。でも『武士――』は前評判が一番高かった」(映画ライター)となれば、気になる一本だ。

 史実をもとに加賀藩の包丁侍を題材にした作品。同藩のお抱え料理人一家「舟木家」に優れた舌と料理の腕前を買われて嫁いだ嫁(上戸)と、プライドばかりが高くて半人前の年下夫(高良健吾)を中心に描く。御算用者として仕えた「そろばん侍」を描いた堺雅人主演の「武士の家計簿」(10年)に続く、刀をなりわいとしない侍の物語の第2弾でもある。

■HIROとの“うちのごはん”も気になる

 くしくもヒットドラマ「半沢直樹」で夫婦を演じた2人がそれぞれ主役を務めるが、「あずみ2」以来、8年ぶりの主演作となった上戸は不安な様子。「ずっとテレビドラマ(の世界)で育ってきた。怖がっていたら8年経ってしまった」と公開初日(14日)の舞台挨拶で心情を吐露したが、「まっとうな時代劇。家族の絆を得意とする松竹らしい一本」と高評価なのは、映画ジャーナリストの大高宏雄氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る