日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

散歩が趣味のウド鈴木「嫁探しで中野から四国まで…」

 そのボケは計算なのか天性なのか、アホっぽく見えて実は頭がいいのではないか――。お笑いコンビ「キャイ~ン」のボケ担当、ウド鈴木さんは芸人界で最も相方(天野ひろゆき)を愛する男として知られる。ウドちゃんの趣味は散歩。20代からハマっているが、ただブラブラと歩いていたわけではない!?

■永六輔の名言に触発

 散歩を始めたキッカケは、20代までさかのぼる。山形県の高校卒業後に上京して、駆け出しの売れない芸人時代を中野区周辺で過ごした。

「永六輔サンの本に書かれていた『横町を曲がるだけでも旅である』という言葉に触発されたんですよ。名言でしょ~。確かに、家の近所にも曲がったことのない路地があるし、普段は左に行くところを右に行くだけで不思議な感覚になる。行き道と帰り道の風景も違うんですよねぇ。
 それでまずは、当時住んでいた中野界隈をブラブラしだしたのが散歩の始まり。お金はなかったけど、時間はタップリありましたから。ハハハ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事