散歩が趣味のウド鈴木「嫁探しで中野から四国まで…」

公開日: 更新日:

 そのボケは計算なのか天性なのか、アホっぽく見えて実は頭がいいのではないか――。お笑いコンビ「キャイ~ン」のボケ担当、ウド鈴木さんは芸人界で最も相方(天野ひろゆき)を愛する男として知られる。ウドちゃんの趣味は散歩。20代からハマっているが、ただブラブラと歩いていたわけではない!?

■永六輔の名言に触発

 散歩を始めたキッカケは、20代までさかのぼる。山形県の高校卒業後に上京して、駆け出しの売れない芸人時代を中野区周辺で過ごした。

「永六輔サンの本に書かれていた『横町を曲がるだけでも旅である』という言葉に触発されたんですよ。名言でしょ~。確かに、家の近所にも曲がったことのない路地があるし、普段は左に行くところを右に行くだけで不思議な感覚になる。行き道と帰り道の風景も違うんですよねぇ。
 それでまずは、当時住んでいた中野界隈をブラブラしだしたのが散歩の始まり。お金はなかったけど、時間はタップリありましたから。ハハハ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る