「行く先々で御意、御意と…」ドクターXプロデューサー語る

公開日:  更新日:

 テレビ朝日がライバルの日本テレビと年間視聴率争いでシノギを削っている。この年末最後の2週間で結果が出るが、テレ朝の「切り札」は米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」。初回視聴率22・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と最高のスタートを切ると、その後も絶好調。19日放送の最終回(第9話)は視聴率30%超えの期待もかかる。同ドラマのゼネラルプロデューサー、内山聖子氏にヒットの舞台裏を聞いた。

――視聴率絶好調。数字の実感は?

「おかげさまです。実は先日、米倉さんと一緒に福岡までフィギュアスケートのGPファイナルを観戦に行ったのですが、行く先々で<ドクターXだ><御意、御意>と話しかけられる機会が多くて。普段は彼女とご飯を食べに行ってもたいていは気づかれないんですけど、今回は店員さんが<あっ、大門未知子だ>と。これはパート1の時にはなかった現象。そういう声を聞くと、視聴率ってこういうことなんだと初めて実感しました。取れと言われて取れるものではありませんけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る