関ジャニ大倉「Dr.DMAT」 コケて露呈した“神話崩壊”

公開日:  更新日:

 ジャニーズ神話はとっくに崩壊している。9日放送の大倉忠義(28=関ジャニ∞)主演の連続ドラマ「Dr.DMAT」(TBS系)は近年、注目されている災害派遣医療チームの最前線を描いた人気漫画が原作。大倉の連ドラ初主演として大々的に宣伝されたが、初回視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)とボロボロ。

 連ドラは2回目から視聴率が落ちるパターンが多いから、「今後も2ケタは厳しい」(TBS関係者)だろう。

「一刻を争う災害医療がテーマなのに物語のテンポがゆっくりで、緊迫感が感じられない作り方にも問題はあります。が、何よりジャニタレを起用しておけば、数字はそこそこ取れるだろうというテレビ局の安易な発想が失敗の大きな原因でしょう。今の視聴者は、しっかりした演技ができる俳優による見応えのあるドラマを求めている。ジャニタレを使っておけばいいという時代は終わっているんです」(制作会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る