日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

各局戦々恐々 TBS“ポストみの”に「夏目三久抜擢」の衝撃

 4月から朝の情報番組戦線が激化する。

 TBSは22日、4月から始まる朝の新情報番組(月~金曜の午前5時半~8時)のメーンキャスターに、フリーアナの夏目三久(29)と「声に出して読みたい日本語」などの著書がある明大教授の斎藤孝氏(53)を起用することを明らかにした。

「夏目は老若男女を問わず人気が高く、しかも、同性の好感度が高い。爽やかな朝の番組にはうってつけの人選です。しかも、出演番組は『バンキシャ!』などいずれも高視聴率という“持ってる女”。息子の事件で降板したみのもんたの後釜ですが、斎藤先生まで加われば鬼に金棒。みののアクを洗い流すには十分過ぎる効果を発揮するでしょう」(テレビ関係者)

 これに戦々恐々なのが他局である。朝の情報番組はフジテレビの「めざましテレビ」(月~金曜の午前5時25分~8時)が激戦区の第2部(午前6時10分から8時)の時間帯で昨年は年間平均視聴率10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。5年連続で同時間帯首位を獲得した。それを追うのが日本テレビ「ZIP!」、みのもんたが司会だったTBS「朝ズバッ!」、テレビ朝日「グッド!モーニング」という構図だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事