春改編で「朝ズバッ!」衣替え みのの後任は斎藤孝・明大教授

公開日:  更新日:

 みのもんた(69)の後任が、どうやら決まったようだ。教育学者で明治大教授の斎藤孝氏(53)で調整が進んでいることが16日までに分かった。TBS系朝の情報番組「朝ズバッ!」の後番組のことだ。

 みのが次男逮捕で「朝ズバッ!」を降板したのは昨年10月。その後は同局アナが“代役”を務めてきた。

「4月の番組改編で『朝ズバッ!』はリニューアルし、より報道色を強めた番組をスタートさせるようです。メーンキャスターに誰を据えるかという話になって、白羽の矢が立ったのが、TBSの『情報7days ニュースキャスター』でレギュラーコメンテーターをしている斎藤先生でした。生放送でもコメントは安定しているし、著書多数で知名度は抜群、好感度も高いですからね」(事情通)

 斎藤氏は、東大卒のインテリ。みのとは対照的にさわやかな印象で、「朝の顔にはうってつけ」ということらしいが、コラムニストの桧山珠美氏は、「その人選には疑問符が付きます」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る