日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おニャン子、マイケルも通った「セーラーズ」女社長は今…

 85年、「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)から生まれたおニャン子クラブ。デビュー曲「セーラー服を脱がさないで」の軽快なメロディーとともに、彼女たちが着ていた色とりどりのパステルカラーの衣装が若者たちの間で人気沸騰した。水兵さんがトレードマークだったブランド「セーラーズ」のトレーナーだ。そこの女性社長、三浦静加さんはマスコミで引っ張りだこになった。今どうしているのか。

■「渋谷にあったわずか9坪の店に終わりが見えないほど長~い行列ができました」

「女性誌『JJ』でセーラーズの商品が取り上げられ、まだ若手だったとんねるずやシブがき隊が着てくれたのが始まりでしょうか。その後、『夕やけニャンニャン』のディレクターさんからおニャン子の衣装を頼まれ、ブームに火がつきました。ホント、おニャン子の反響はケタ外れ、スゴかったですよ。渋谷にあったわずか9坪の店に、終わりが見えないほど長~い行列ができましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事