「風立ちぬ」アカデミーならず…日本アニメに深刻な低迷懸念

公開日: 更新日:

 3日発表された第86回アカデミー賞。宮崎駿(73)監督の「風立ちぬ」は、最優秀長編アニメ賞を逃してしまった。

 米国ファンを意識した作品をつくるアジア諸国に押され、国際競争力を失いかけている日本アニメ界に、いよいよ本格的な「冬の時代」が到来するのではと、懸念の声が出ている。

「宮崎作品のように、アニメーターが膨大な原画を描くスタジオジブリの手法は、いわば“町工場の手作り”作品。しかし、いまやアニメは、ディズニーなどの大手企業がコンピューターを駆使して効率良く製作し、ケタはずれの興行収入をあげるのが主流です。CGアニメの『アナと雪の女王』がアカデミーを取ったのは象徴的です」(映画評論家・秋本鉄次氏)

 日本アニメ界が抱える構造的問題も深刻だ。テレビ局や配給会社などが介在し、いくら映画が当たっても、製作会社やアニメーターには利益が下りてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る