「風立ちぬ」アカデミーならず…日本アニメに深刻な低迷懸念

公開日: 更新日:

 3日発表された第86回アカデミー賞。宮崎駿(73)監督の「風立ちぬ」は、最優秀長編アニメ賞を逃してしまった。

 米国ファンを意識した作品をつくるアジア諸国に押され、国際競争力を失いかけている日本アニメ界に、いよいよ本格的な「冬の時代」が到来するのではと、懸念の声が出ている。

「宮崎作品のように、アニメーターが膨大な原画を描くスタジオジブリの手法は、いわば“町工場の手作り”作品。しかし、いまやアニメは、ディズニーなどの大手企業がコンピューターを駆使して効率良く製作し、ケタはずれの興行収入をあげるのが主流です。CGアニメの『アナと雪の女王』がアカデミーを取ったのは象徴的です」(映画評論家・秋本鉄次氏)

 日本アニメ界が抱える構造的問題も深刻だ。テレビ局や配給会社などが介在し、いくら映画が当たっても、製作会社やアニメーターには利益が下りてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る