日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「風立ちぬ」アカデミーならず…日本アニメに深刻な低迷懸念

 3日発表された第86回アカデミー賞。宮崎駿(73)監督の「風立ちぬ」は、最優秀長編アニメ賞を逃してしまった。

 米国ファンを意識した作品をつくるアジア諸国に押され、国際競争力を失いかけている日本アニメ界に、いよいよ本格的な「冬の時代」が到来するのではと、懸念の声が出ている。

「宮崎作品のように、アニメーターが膨大な原画を描くスタジオジブリの手法は、いわば“町工場の手作り”作品。しかし、いまやアニメは、ディズニーなどの大手企業がコンピューターを駆使して効率良く製作し、ケタはずれの興行収入をあげるのが主流です。CGアニメの『アナと雪の女王』がアカデミーを取ったのは象徴的です」(映画評論家・秋本鉄次氏)

 日本アニメ界が抱える構造的問題も深刻だ。テレビ局や配給会社などが介在し、いくら映画が当たっても、製作会社やアニメーターには利益が下りてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事