日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復活条件と真逆?沢尻エリカ8年ぶり連ドラの「ヒロイン像」

 エリカ様が8年ぶりに地上波連ドラに主演するという。番組は4月19日スタートの「ファースト・クラス」(フジテレビ系)。「別に」発言や、離婚トラブルなどですっかり“過去の人”になっていたが、彼女の才能を惜しむ声があったことも事実。連ドラ復帰はまことに結構だが、気になることがひとつある。新ドラマのストーリーだ。

 彼女の演技力を高く評価する官能小説家の加藤文果氏はホンの1カ月前、日刊ゲンダイ本紙にこんなことを言っていた。

「人気復活のポイントは“弱いところをさらけ出す”でしょう。たとえば、スターだったけど、落ちぶれた女の子などの役を得られればチャンスはあるのではないか」

 しかし、「ファースト・クラス」のストーリーはそれとは正反対なのだ。憧れのファッション雑誌編集部に入った沢尻は雑用係から編集長までの格差を目の当たりにして愕然(がくぜん)。一念発起して部内の天敵と戦い、晴れて編集長に成り上がる、といった具合。

 物語のスタート時点ではエリカの泣き顔も見られそうだが、徐々にあの傲慢・得意げな表情が目に浮かぶようだ。

 放送開始直後は話題性もあって好スタートを切りそうだが、ひょっとしたら、回を追うごとに視聴率が下がり続けたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事