復活条件と真逆?沢尻エリカ8年ぶり連ドラの「ヒロイン像」

公開日: 更新日:

 エリカ様が8年ぶりに地上波連ドラに主演するという。番組は4月19日スタートの「ファースト・クラス」(フジテレビ系)。「別に」発言や、離婚トラブルなどですっかり“過去の人”になっていたが、彼女の才能を惜しむ声があったことも事実。連ドラ復帰はまことに結構だが、気になることがひとつある。新ドラマのストーリーだ。

 彼女の演技力を高く評価する官能小説家の加藤文果氏はホンの1カ月前、日刊ゲンダイ本紙にこんなことを言っていた。

「人気復活のポイントは“弱いところをさらけ出す”でしょう。たとえば、スターだったけど、落ちぶれた女の子などの役を得られればチャンスはあるのではないか」

 しかし、「ファースト・クラス」のストーリーはそれとは正反対なのだ。憧れのファッション雑誌編集部に入った沢尻は雑用係から編集長までの格差を目の当たりにして愕然(がくぜん)。一念発起して部内の天敵と戦い、晴れて編集長に成り上がる、といった具合。

 物語のスタート時点ではエリカの泣き顔も見られそうだが、徐々にあの傲慢・得意げな表情が目に浮かぶようだ。

 放送開始直後は話題性もあって好スタートを切りそうだが、ひょっとしたら、回を追うごとに視聴率が下がり続けたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る