離婚はむしろプラス 中山美穂が目指す“第2の岸恵子”

公開日: 更新日:

 中山美穂(44)とミュージシャン・作家・映画監督の辻仁成(54)の離婚報道が賑やかだ。

 入籍は02年。その後の中山はパリに移住し、04年には長男を出産し、パリに拠点を置き、日本とフランスを行ったり来たりして子育てと女優業をこなしてきた。これまで辻とのすれ違いが取り沙汰されてきたこともあり、さもありなん。

 今月24日、久々に都内でのCM発表会に登場して息子について聞かれた際はうれしそうに、「ユーチューブで(自分が)アイドル時代の映像を見つけて歌うんです」と語ったが、本音は息子の話で記者にリップサービスし、離婚寸前の夫について聞かれたくなかったといったところか。

■セレブな国際派女優

 離婚したら中山にどんな影響が出るかだが、おそらく手本にするのはあの先輩女優だ。今後パリに拠点を置くのか、日本に帰国してくるのか定かではないが、行ったり来たりしながらセレブな国際派女優として健在の岸恵子である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る