離婚はむしろプラス 中山美穂が目指す“第2の岸恵子”

公開日:  更新日:

 中山美穂(44)とミュージシャン・作家・映画監督の辻仁成(54)の離婚報道が賑やかだ。

 入籍は02年。その後の中山はパリに移住し、04年には長男を出産し、パリに拠点を置き、日本とフランスを行ったり来たりして子育てと女優業をこなしてきた。これまで辻とのすれ違いが取り沙汰されてきたこともあり、さもありなん。

 今月24日、久々に都内でのCM発表会に登場して息子について聞かれた際はうれしそうに、「ユーチューブで(自分が)アイドル時代の映像を見つけて歌うんです」と語ったが、本音は息子の話で記者にリップサービスし、離婚寸前の夫について聞かれたくなかったといったところか。

■セレブな国際派女優

 離婚したら中山にどんな影響が出るかだが、おそらく手本にするのはあの先輩女優だ。今後パリに拠点を置くのか、日本に帰国してくるのか定かではないが、行ったり来たりしながらセレブな国際派女優として健在の岸恵子である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る