劇団ひとりの監督デビュー映画に「人志よりひとり」の高評価

公開日: 更新日:

「同じお笑い芸人でも、映画監督としての評価は全然違う。『人志よりひとり』なんて言われています」(芸能関係者)

 劇場公開に先がけて行われるマスコミ向けの映画試写会。専門筋の評価はヒットを占うリトマス紙となる。だとすれば、お笑い芸人・劇団ひとり(37)の初監督作品「青天の霹靂」(来月24日公開)は大入りとなりそうだ。すこぶる評判がいいのである。

「世界のキタノ」は別格として、木村祐一、板尾創路、品川ヒロシとメガホンを取る芸人はゴロゴロいるが、どれもいまいちパッとしない。昨秋公開の「R100」で4作連続の大惨敗を喫した松本人志に至っては“打ち切り監督”のレッテルが貼られ、目も当てられない状況である。

 監督本人が書き下ろした同名小説が原作の「青天」は、「職業監督が手がける以上に完成度の高い一本」(映画に詳しいライターの稲田豊史氏)という。天涯孤独で売れないマジシャン(主演・大泉洋)が、40年前の浅草にタイムスリップし、若き日の父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)に出会い、自分の出生の秘密を知るヒューマンストーリーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る