長髪バッサリの辻仁成 監督作での「ロック」連発に出演陣困惑

公開日:  更新日:

 失恋したら髪を切る――。そんな“儀式”に沿ったのだろうか。

 中山美穂(44)と離婚騒動の渦中にいる辻仁成(54)が14日、監督・脚本を務める映画「醒めながら見る夢」の完成披露試写会に出席。胸元まであったトレードマークの長い髪を肩までバッサリ切った姿で登場した。

 出演者たちが「醒めてほしくない夢」「醒めてほしい悪夢のような現実」にまつわるエピソードを披露。そんな中、石橋杏奈(21)は「監督がときどき『カット! 今のロックだったよ!』って言うので、ビックリしました。そんなふうに言われたことがなかったので戸惑いました」と話し、主演の「CHEMISTRY」堂珍嘉邦(35)も「僕はカチンコのタイミングで『ロック!』って言われた」と辻の独特な空気にのまれたことを明かした。

 イベント終了後、「中山さんには会いましたか?」「(離婚に向けた)話し合いは始まりましたか?」という報道陣の質問には無言を貫いてステージを後に。左手薬指には結婚指輪はなかったが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る