「わからない」連発 辻仁成なぜか離婚騒動“蚊帳の外”

公開日:  更新日:

 中山美穂(44)との離婚騒動が表面化した作家の辻仁成(54)が30日、爆笑問題が司会のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」のゲストコーナーに出演。爆笑の太田光からは、中山との出会いの言葉として有名な「やっと会えたね」で迎えられ、その後も「ミポリン~!」と叫ばれるなどケチョンケチョンな目にあった。

 爆問にすれば渦中の辻の出演は飛んで火に入る夏の虫。オファーは騒動前だったというから気の毒というしかないが、辻は「(離婚騒動は)何もわからなく、ここまでなっている状態。このタイミングで何でなのか本当にわからなくて…」と困惑しきっていた。

■入れ違いでますますすれ違い

「辻は脚本・演出を務める舞台『海峡の光』が千秋楽を迎える4月29日までは日本に滞在し、その後フランスへ戻る予定です。入れ違いでフランスへ戻った中山と連絡が取れておらず、“わからない”を連呼しているところが、2人の間の溝の深さを感じさせます」(芸能リポーター)

 この日、辻は「家族三人で生きた十年は幸せでした。その幸せを次の十年も続けたい、守りたい、と願っています」とツイッターで呟いていたが、すでに「離婚」は独り歩きして既成事実となりつつある。当事者にもかかわらず、蚊帳の外。「わからない」は本音のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る