• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「わからない」連発 辻仁成なぜか離婚騒動“蚊帳の外”

 中山美穂(44)との離婚騒動が表面化した作家の辻仁成(54)が30日、爆笑問題が司会のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」のゲストコーナーに出演。爆笑の太田光からは、中山との出会いの言葉として有名な「やっと会えたね」で迎えられ、その後も「ミポリン~!」と叫ばれるなどケチョンケチョンな目にあった。

 爆問にすれば渦中の辻の出演は飛んで火に入る夏の虫。オファーは騒動前だったというから気の毒というしかないが、辻は「(離婚騒動は)何もわからなく、ここまでなっている状態。このタイミングで何でなのか本当にわからなくて…」と困惑しきっていた。

■入れ違いでますますすれ違い

「辻は脚本・演出を務める舞台『海峡の光』が千秋楽を迎える4月29日までは日本に滞在し、その後フランスへ戻る予定です。入れ違いでフランスへ戻った中山と連絡が取れておらず、“わからない”を連呼しているところが、2人の間の溝の深さを感じさせます」(芸能リポーター)

 この日、辻は「家族三人で生きた十年は幸せでした。その幸せを次の十年も続けたい、守りたい、と願っています」とツイッターで呟いていたが、すでに「離婚」は独り歩きして既成事実となりつつある。当事者にもかかわらず、蚊帳の外。「わからない」は本音のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る