観月ありさ 「1ケタ女優」のタイミングで結婚報道のウラ

公開日:  更新日:

 大物独身女優がついにゴールインかと注目を集めている。お相手は、年商約150億円のKRHグループのイケメン社長、青山光司氏(41)。21日、婚前旅行先のタヒチから一緒に帰国、親密ぶりをアピールした。

「現役バリバリの肉食系で、年下俳優をつまみ食いして女っぷりを上げてきた。満を持して選んだのが高級車収集が命の“フェラーリ王子”とは。1年前、婚活ドラマの会見で『結婚しない人生を選ぶこともある』と発言したのが随分な変わりようだ」(芸能ライター)

 結婚に乗り気なのはバツイチの青山氏。すでに都内の高級住宅地に敷地200坪、推定10億円の愛の巣を建築中だ。

「もともとは酒豪の観月の飲み友達。遠距離恋愛していた名古屋の実業家とスレ違いが続いていた観月の心の隙間を埋めたのが、青山氏だった。破局後の秋から親密交際をスタート。9月に伊勢神宮、11月にハワイへ。青山氏は観月の実母やスタイリストらカムフラージュ要員の旅費まで出すほどぞっこん」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る