「テルマエ・ロマエII」でフジが狙う“3匹目のどじょう”

公開日:  更新日:

 GW映画目玉の一本。阿部寛(49)主演の映画「テルマエ・ロマエII」が今週末26日の公開を目前に控え、PRしまくっている。

 漫画家ヤマザキマリ原作の風呂映画第2弾。12年春に公開された前作は興行収入59.8億円をマークし、大ヒット。海上保安官を描いた「海猿」シリーズに次ぎ、同年度の邦画興収で2番目に稼いだ一本となった。

 評価もされた。日本人離れした濃い顔が功を奏し、古代ローマ人を演じた主演の阿部は同年度の日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞。間違っても、シリアスなドラマではない。古代ローマのテルマエ(浴場)技師が、タイムスリップしてきた現代日本の風呂にカルチャーショックを受けるというチグハグぶりがウリの喜劇。そんな作品でナンバーワン俳優に選ばれたことも話題になった。

「味をしめてフジテレビが2作目を手がけた」(映画関係者)というのもうなずける。フジとしてはドル箱だった織田裕二主演の「踊る大捜査線」シリーズが終了となり、次の稼ぎ頭が欲しいところ。続編はつまらないというが、「わざわざブルガリアの撮影所につくったセットはスクリーン映えして圧巻。しかも、ヒロインの上戸彩の入浴シーンは期待を裏切らない。乳首出しこそないが、ボリューム感たっぷりの胸の谷間は湯船の凹凸ではっきりと確認できる」(映画誌ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る