「テルマエ・ロマエII」でフジが狙う“3匹目のどじょう”

公開日: 更新日:

 GW映画目玉の一本。阿部寛(49)主演の映画「テルマエ・ロマエII」が今週末26日の公開を目前に控え、PRしまくっている。

 漫画家ヤマザキマリ原作の風呂映画第2弾。12年春に公開された前作は興行収入59.8億円をマークし、大ヒット。海上保安官を描いた「海猿」シリーズに次ぎ、同年度の邦画興収で2番目に稼いだ一本となった。

 評価もされた。日本人離れした濃い顔が功を奏し、古代ローマ人を演じた主演の阿部は同年度の日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞。間違っても、シリアスなドラマではない。古代ローマのテルマエ(浴場)技師が、タイムスリップしてきた現代日本の風呂にカルチャーショックを受けるというチグハグぶりがウリの喜劇。そんな作品でナンバーワン俳優に選ばれたことも話題になった。

「味をしめてフジテレビが2作目を手がけた」(映画関係者)というのもうなずける。フジとしてはドル箱だった織田裕二主演の「踊る大捜査線」シリーズが終了となり、次の稼ぎ頭が欲しいところ。続編はつまらないというが、「わざわざブルガリアの撮影所につくったセットはスクリーン映えして圧巻。しかも、ヒロインの上戸彩の入浴シーンは期待を裏切らない。乳首出しこそないが、ボリューム感たっぷりの胸の谷間は湯船の凹凸ではっきりと確認できる」(映画誌ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る