• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テルマエ・ロマエII」でフジが狙う“3匹目のどじょう”

 GW映画目玉の一本。阿部寛(49)主演の映画「テルマエ・ロマエII」が今週末26日の公開を目前に控え、PRしまくっている。

 漫画家ヤマザキマリ原作の風呂映画第2弾。12年春に公開された前作は興行収入59.8億円をマークし、大ヒット。海上保安官を描いた「海猿」シリーズに次ぎ、同年度の邦画興収で2番目に稼いだ一本となった。

 評価もされた。日本人離れした濃い顔が功を奏し、古代ローマ人を演じた主演の阿部は同年度の日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞。間違っても、シリアスなドラマではない。古代ローマのテルマエ(浴場)技師が、タイムスリップしてきた現代日本の風呂にカルチャーショックを受けるというチグハグぶりがウリの喜劇。そんな作品でナンバーワン俳優に選ばれたことも話題になった。

「味をしめてフジテレビが2作目を手がけた」(映画関係者)というのもうなずける。フジとしてはドル箱だった織田裕二主演の「踊る大捜査線」シリーズが終了となり、次の稼ぎ頭が欲しいところ。続編はつまらないというが、「わざわざブルガリアの撮影所につくったセットはスクリーン映えして圧巻。しかも、ヒロインの上戸彩の入浴シーンは期待を裏切らない。乳首出しこそないが、ボリューム感たっぷりの胸の谷間は湯船の凹凸ではっきりと確認できる」(映画誌ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る