• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子アナたちの球場での意外な評判…現場で拾った“生の声”

 来月、テレビ朝日の宇賀なつみアナ(27)が「週刊プレイボーイ」でグラビアに初挑戦する。宇賀アナは現在、「グッドモーニング!」に出演し、“朝の顔”になりつつあるが、かつては「報道ステーション」でスポーツを担当。“夜の顔”としてサラリーマンの癒やしも担当していただけあって、現場での評判も上々だった。ある球団関係者は「見た目以上に気さく。他の記者にも気を使いながら外国人選手とも英語で話す姿もあった」と証言する。

 現在、体調不良で休職中のテレビ東京・紺野あさ美アナ(27)も「普通、女子アナはテレビ局の球団担当ディレクターを介して挨拶しに来るんですが、自ら番記者に名刺を渡しては『よろしくお願いします』と挨拶して回っていた。アイドル出身とは思えない一生懸命な姿勢がみんなに認められています」(前出の関係者)と評判がいい。

 もちろん、それと対照的な女子アナもいる。その一人が、意外にもNHKの杉浦友紀アナ(31)。ある選手がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る