女子アナたちの球場での意外な評判…現場で拾った“生の声”

公開日:  更新日:

 来月、テレビ朝日の宇賀なつみアナ(27)が「週刊プレイボーイ」でグラビアに初挑戦する。宇賀アナは現在、「グッドモーニング!」に出演し、“朝の顔”になりつつあるが、かつては「報道ステーション」でスポーツを担当。“夜の顔”としてサラリーマンの癒やしも担当していただけあって、現場での評判も上々だった。ある球団関係者は「見た目以上に気さく。他の記者にも気を使いながら外国人選手とも英語で話す姿もあった」と証言する。

 現在、体調不良で休職中のテレビ東京・紺野あさ美アナ(27)も「普通、女子アナはテレビ局の球団担当ディレクターを介して挨拶しに来るんですが、自ら番記者に名刺を渡しては『よろしくお願いします』と挨拶して回っていた。アイドル出身とは思えない一生懸命な姿勢がみんなに認められています」(前出の関係者)と評判がいい。

 もちろん、それと対照的な女子アナもいる。その一人が、意外にもNHKの杉浦友紀アナ(31)。ある選手がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る