女子アナたちの球場での意外な評判…現場で拾った“生の声”

公開日: 更新日:

 来月、テレビ朝日宇賀なつみアナ(27)が「週刊プレイボーイ」でグラビアに初挑戦する。宇賀アナは現在、「グッドモーニング!」に出演し、“朝の顔”になりつつあるが、かつては「報道ステーション」でスポーツを担当。“夜の顔”としてサラリーマンの癒やしも担当していただけあって、現場での評判も上々だった。ある球団関係者は「見た目以上に気さく。他の記者にも気を使いながら外国人選手とも英語で話す姿もあった」と証言する。

 現在、体調不良で休職中のテレビ東京紺野あさ美アナ(27)も「普通、女子アナはテレビ局の球団担当ディレクターを介して挨拶しに来るんですが、自ら番記者に名刺を渡しては『よろしくお願いします』と挨拶して回っていた。アイドル出身とは思えない一生懸命な姿勢がみんなに認められています」(前出の関係者)と評判がいい。

 もちろん、それと対照的な女子アナもいる。その一人が、意外にもNHKの杉浦友紀アナ(31)。ある選手がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る