女子アナたちの球場での意外な評判…現場で拾った“生の声”

公開日:  更新日:

 来月、テレビ朝日の宇賀なつみアナ(27)が「週刊プレイボーイ」でグラビアに初挑戦する。宇賀アナは現在、「グッドモーニング!」に出演し、“朝の顔”になりつつあるが、かつては「報道ステーション」でスポーツを担当。“夜の顔”としてサラリーマンの癒やしも担当していただけあって、現場での評判も上々だった。ある球団関係者は「見た目以上に気さく。他の記者にも気を使いながら外国人選手とも英語で話す姿もあった」と証言する。

 現在、体調不良で休職中のテレビ東京・紺野あさ美アナ(27)も「普通、女子アナはテレビ局の球団担当ディレクターを介して挨拶しに来るんですが、自ら番記者に名刺を渡しては『よろしくお願いします』と挨拶して回っていた。アイドル出身とは思えない一生懸命な姿勢がみんなに認められています」(前出の関係者)と評判がいい。

 もちろん、それと対照的な女子アナもいる。その一人が、意外にもNHKの杉浦友紀アナ(31)。ある選手がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る