ズボラ? 篠田麻里子「面倒臭がりなのでドラえもん欲しい」

公開日:  更新日:

 17日、篠田麻里子(28)が映画「her/世界でひとつの彼女」の公開記念イベントに登場。本作は主人公と「人工知能型OS」の恋愛を描いたもの。

 自身の恋愛とも重ねた篠田は、「遠距離恋愛みたい。声でつながってるけどちょっと寂しい感じというか、電話だけじゃつながれないこともありますから。恋愛はそばにいてくれるぬくもりが大事だと思う。(過去の)思い出は引きずらないように頑張っています。考えちゃうとドツボにハマるタイプ。嫌なことは全部忘れるようにしています。嫉妬もよくなりたいと思うから出てくるもの。貪欲になったり、負けず嫌いだったり嫉妬心もあった方が人間らしい」と語った。

 作品の舞台となった近未来についてはドラえもんの話題に。
「ずっとドラえもんがいてくれたらいいなあと思ってました。いつでも助けてくれるし、何でも道具を出してくれるし。昔から面倒くさがりなので、一瞬で移動できたらいいのにと思っていたので、どこでもドアがほしいです」とズボラ体質を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る