ジャンルもすみ分け…“バラ売り作戦”に成功した「WaT」

公開日:  更新日:

 音楽デュオ「WaT」のウエンツ瑛士(28)と小池徹平(28)が「カフェオーレ」の新CM発表会に登場した。公の場に2人で登場するのは昨夏以来。「会話がぎこちないですけど、仲悪いんですか?」と聞かれ、揃って「そんなことない!」と否定。ウエンツは「逆に久々に会って思いが強すぎて……。遠距離状態でしたから」と再会を喜んでいた。

 05年には「WaT」としてメジャーデビューから史上最短でNHK紅白にも出場したが、11年以降はライブや新曲の発表はなし。事実上の活動休止状態となっている。そのため、2人がユニットであることを知らない者も少なくない。今となっては、小池が俳優業、ウエンツがバラエティーとジャンルをすみ分けて活動している。

 小池は02年に俳優デビューすると、NHK朝ドラ「あまちゃん」にも出演。10月には主演ドラマも決まり、“王道”まっしぐら。かたや、ウエンツは18歳から年間100本以上のバラエティーに出演。「あいのり」の司会に抜擢されたのをキッカケにMCの仕事が増え、今ではロケや進行には欠かせない存在になっている。もともとはキッズモデルだったにもかかわらず笑いに対して貪欲で、関根勤からはライバル視され、明石家さんまからも一目置かれているという。

 芸人でも、よほど大物でなければコンビ両方が売れるのは難しい。「WaT」は“バラ売り作戦”に成功した稀有(けう)な例だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る