ジャンルもすみ分け…“バラ売り作戦”に成功した「WaT」

公開日:  更新日:

 音楽デュオ「WaT」のウエンツ瑛士(28)と小池徹平(28)が「カフェオーレ」の新CM発表会に登場した。公の場に2人で登場するのは昨夏以来。「会話がぎこちないですけど、仲悪いんですか?」と聞かれ、揃って「そんなことない!」と否定。ウエンツは「逆に久々に会って思いが強すぎて……。遠距離状態でしたから」と再会を喜んでいた。

 05年には「WaT」としてメジャーデビューから史上最短でNHK紅白にも出場したが、11年以降はライブや新曲の発表はなし。事実上の活動休止状態となっている。そのため、2人がユニットであることを知らない者も少なくない。今となっては、小池が俳優業、ウエンツがバラエティーとジャンルをすみ分けて活動している。

 小池は02年に俳優デビューすると、NHK朝ドラ「あまちゃん」にも出演。10月には主演ドラマも決まり、“王道”まっしぐら。かたや、ウエンツは18歳から年間100本以上のバラエティーに出演。「あいのり」の司会に抜擢されたのをキッカケにMCの仕事が増え、今ではロケや進行には欠かせない存在になっている。もともとはキッズモデルだったにもかかわらず笑いに対して貪欲で、関根勤からはライバル視され、明石家さんまからも一目置かれているという。

 芸人でも、よほど大物でなければコンビ両方が売れるのは難しい。「WaT」は“バラ売り作戦”に成功した稀有(けう)な例だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る