ジャンルもすみ分け…“バラ売り作戦”に成功した「WaT」

公開日: 更新日:

 音楽デュオ「WaT」のウエンツ瑛士(28)と小池徹平(28)が「カフェオーレ」の新CM発表会に登場した。公の場に2人で登場するのは昨夏以来。「会話がぎこちないですけど、仲悪いんですか?」と聞かれ、揃って「そんなことない!」と否定。ウエンツは「逆に久々に会って思いが強すぎて……。遠距離状態でしたから」と再会を喜んでいた。

 05年には「WaT」としてメジャーデビューから史上最短でNHK紅白にも出場したが、11年以降はライブや新曲の発表はなし。事実上の活動休止状態となっている。そのため、2人がユニットであることを知らない者も少なくない。今となっては、小池が俳優業、ウエンツがバラエティーとジャンルをすみ分けて活動している。

 小池は02年に俳優デビューすると、NHK朝ドラ「あまちゃん」にも出演。10月には主演ドラマも決まり、“王道”まっしぐら。かたや、ウエンツは18歳から年間100本以上のバラエティーに出演。「あいのり」の司会に抜擢されたのをキッカケにMCの仕事が増え、今ではロケや進行には欠かせない存在になっている。もともとはキッズモデルだったにもかかわらず笑いに対して貪欲で、関根勤からはライバル視され、明石家さんまからも一目置かれているという。

 芸人でも、よほど大物でなければコンビ両方が売れるのは難しい。「WaT」は“バラ売り作戦”に成功した稀有(けう)な例だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  10. 9

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る