WOWOWで主演 織田裕二は「青島」の呪縛を断ち切れるか

公開日:  更新日:

 連続ドラマ主演は昨年夏のフジテレビ「オー、マイ・ダッド!!」以来。俳優の織田裕二(46)が今秋放送のWOWOWの連ドラ「株価暴落」に主演するというが、業界内の見方は冷ややかだ。

「よくいえば自説を曲げない、要するにわがままがすぎる織田は、現場スタッフのウケが悪いなんてもんじゃない。それでも使ってもらえたのは、『踊る大捜査線』のヒットがあったから。ところが“青島人気”も下降線で、『オー、マイ・ダッド!!』も平均視聴率9%台。いよいよ、フジテレビも見限ったともっぱらです」(芸能ライター)

 今週28日に主演ドラマ「奇跡の教室」(日本テレビ系)が放送されるが、これは単発だ。

「織田サイドも焦っているようです。映画だって結局、踊る大捜査線以外はヒットらしいヒットがない。このままフジテレビに距離を置かれて露出が減ると、“過去の人”扱いされる。WOWOW出演で起死回生を狙っているのでしょうが、二番煎じの印象がぬぐえないだけに……」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る