「小さなスナック」今井久 陽水や徳永のバックで活躍中

公開日:  更新日:

 僕が初めて 君を見たのは 白い扉の小さなスナック…。昭和43年(1968年)に大ヒットした「小さなスナック」。当時の人気グループサウンズ、パープル・シャドウズの曲で、スナックという言葉に新鮮さを感じ、早く行ってみたいと思ったものだ。4人組のリーダーだった今井久さん(67)、今どうしているのか。

 今井さんに会ったのは、京王新線幡ケ谷駅から徒歩10分のスナック「モゼル」。
 15人も入ればいっぱいになりそうな、文字通り“小さなスナック”だ。ただし、扉は白じゃなかった。

「この店の常連になって、35年くらいになるのかな。ボクは赤坂の出身で、幡ケ谷に引っ越してきて、何げなく入ったのがきっかけでした」

 今井さん、まずはこう言った。

「酒は生ビールを1、2杯程度。飲むより、この店のアットホームな雰囲気が気に入っているんです。GS時代の話をし、カラオケで歌う。『小さなスナック』もみんなと一緒にね、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る