「小さなスナック」今井久 陽水や徳永のバックで活躍中

公開日: 更新日:

 僕が初めて 君を見たのは 白い扉の小さなスナック…。昭和43年(1968年)に大ヒットした「小さなスナック」。当時の人気グループサウンズ、パープル・シャドウズの曲で、スナックという言葉に新鮮さを感じ、早く行ってみたいと思ったものだ。4人組のリーダーだった今井久さん(67)、今どうしているのか。

 今井さんに会ったのは、京王新線幡ケ谷駅から徒歩10分のスナック「モゼル」。
 15人も入ればいっぱいになりそうな、文字通り“小さなスナック”だ。ただし、扉は白じゃなかった。

「この店の常連になって、35年くらいになるのかな。ボクは赤坂の出身で、幡ケ谷に引っ越してきて、何げなく入ったのがきっかけでした」

 今井さん、まずはこう言った。

「酒は生ビールを1、2杯程度。飲むより、この店のアットホームな雰囲気が気に入っているんです。GS時代の話をし、カラオケで歌う。『小さなスナック』もみんなと一緒にね、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る