「恋人」から「母親」に変化…遠野なぎこが陥った“落とし穴”

公開日:  更新日:

「私の自尊心の低さが一番の原因」

 涙ながらに語ったのは、きのう(1日)離婚会見を開いた遠野なぎこ(34)。入籍後も別々に暮らす“別居婚”にもかかわらず、自身の持つ芸能界の最短離婚記録「72日」を更新する「55日」で離婚となった。これだけの早さで離婚した原因は何なのか。全国個人再生支援機構所属の夫婦カウンセラー・笹淵眞奈美氏はこう言う。

「“別居婚”はうまくいくケースが多いですが、それでもダメになるのは、価値観の“等価交換”ができないから。互いの価値観を理解し、自分のものと思えるようにならないとギクシャクする。遠野さんの場合、これができずに『無理』と決断するのが早かったため、ここまでのスピード離婚になった。もう少し様子を見てから決断してもよかったと思いますが、中途半端を嫌う性格なのでしょう。だからといって遠野さんが結婚に向いていないとは思いませんが、これだけ特殊な方の場合、一般の方で価値観が合うというのは難しいかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る