阪神大震災から20年…NHK大阪が「消防ドラマ」を初制作

公開日:  更新日:

 関西一円に甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災から来年1月で20年――。節目を迎えるにあたり、お膝元であるNHK大阪は、救命救助の最前線で生死に関わる決断を迫られる消防士たちの姿と葛藤を描いたドラマを手がける。骨太な作品を量産する同局だが、意外にも“消防ドラマ”の制作は初めて。大阪市消防局の全面協力を得て、臨場感ある人間ドラマを目指すという。

 土曜ドラマ「ボーダーライン」(全5回)。主人公の新人消防士を演じる小池徹平(28=大阪狭山市出身)ほか、主要キャスティングは関西圏出身者。先月27日のロケ取材会ではコッテコテの関西弁が飛び交っていた。

 消防士のスキルもなかなかのもの。クランクイン前に同市消防局の訓練センターで3日間みっちり、特別研修を受けたというだけのことはある。救助ロープを使った「コイル巻きもやい結び」のシーン。小池は手元の見せ方について、納得がいくまで周囲と話し合いを重ねていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る