疲れた大人の心にしみる…映画“3Dドラえもん”の前評判

公開日: 更新日:

 夏映画の台風の目になりそうだ。CGと3D映像を組み合わせた「3DCGアニメ」という手法で、立体的なドラえもんが描かれると話題を呼んだ映画「STAND BY ME ドラえもん」。来月8日の公開に先がけ、マスコミ向けの試写が行われているが、評判は上々。ベテラン映画ライターは「いつかは未来に帰ってしまうドラえもんの存在にスポットをあてている。子どもよりむしろ付き添いの大人の方が涙するストーリー」と太鼓判を押す。

 日刊ゲンダイ本紙記者も試写を見たが、たしかに気になる3Dのクオリティーは申し分ない。むしろ技術の進化に驚くばかり。CG技術に造詣の深いことで知られる山崎貴&八木竜一コンビが手がけるとあって、細部にまで徹底したこだわりよう。随所に原作への愛情やリスペクトの念が感じられ、とにかく丁寧だ。ドラえもんの鈴は映り込みも表現し、藤子・F・不二雄漫画の特長である口端の出っ張りも再現。タイムふろしき、タイムマシン、どこでもドア……ひみつ道具もあれこれ登場する。スネ夫の髪形が3Dで立体的に表現されているのもご愛嬌だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る