疲れた大人の心にしみる…映画“3Dドラえもん”の前評判

公開日:  更新日:

 夏映画の台風の目になりそうだ。CGと3D映像を組み合わせた「3DCGアニメ」という手法で、立体的なドラえもんが描かれると話題を呼んだ映画「STAND BY ME ドラえもん」。来月8日の公開に先がけ、マスコミ向けの試写が行われているが、評判は上々。ベテラン映画ライターは「いつかは未来に帰ってしまうドラえもんの存在にスポットをあてている。子どもよりむしろ付き添いの大人の方が涙するストーリー」と太鼓判を押す。

 日刊ゲンダイ本紙記者も試写を見たが、たしかに気になる3Dのクオリティーは申し分ない。むしろ技術の進化に驚くばかり。CG技術に造詣の深いことで知られる山崎貴&八木竜一コンビが手がけるとあって、細部にまで徹底したこだわりよう。随所に原作への愛情やリスペクトの念が感じられ、とにかく丁寧だ。ドラえもんの鈴は映り込みも表現し、藤子・F・不二雄漫画の特長である口端の出っ張りも再現。タイムふろしき、タイムマシン、どこでもドア……ひみつ道具もあれこれ登場する。スネ夫の髪形が3Dで立体的に表現されているのもご愛嬌だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る