• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“自分フィギュア”作製も! 阿佐ヶ谷アニメストリートが熱い

 都内有数の“アニメ街”阿佐ヶ谷駅の高架下にできた「阿佐ヶ谷アニメストリート」が話題だ。今年3月のオープン後、休日はアニメファンのみならず親子連れや外国人観光客でにぎわう。

 日刊ゲンダイのアラサー女性記者いち押しは、ガチャガチャの並ぶ「阿佐ヶ谷駐屯地」に共同出店する「未来玩具デジモ」の3D体験だ。最近、3Dプリンターが話題だが、ここでは自分自身の3Dデータを作ることができる。

 回転式の台の上で、じっとすること1分――。バランスを取るのは意外と難しいが、台が一周すればスキャンは完了。3Dデータは3500円。スマホにアプリとして配信してもらえば、自分の立体画像をクルクル回して遊べる。しかも、データをもとに自分の立体フィギュアまで作ってもらえる。データアプリと10センチスケールのフィギュアのセットで2万1000円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る