• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“自分フィギュア”作製も! 阿佐ヶ谷アニメストリートが熱い

 都内有数の“アニメ街”阿佐ヶ谷駅の高架下にできた「阿佐ヶ谷アニメストリート」が話題だ。今年3月のオープン後、休日はアニメファンのみならず親子連れや外国人観光客でにぎわう。

 日刊ゲンダイのアラサー女性記者いち押しは、ガチャガチャの並ぶ「阿佐ヶ谷駐屯地」に共同出店する「未来玩具デジモ」の3D体験だ。最近、3Dプリンターが話題だが、ここでは自分自身の3Dデータを作ることができる。

 回転式の台の上で、じっとすること1分――。バランスを取るのは意外と難しいが、台が一周すればスキャンは完了。3Dデータは3500円。スマホにアプリとして配信してもらえば、自分の立体画像をクルクル回して遊べる。しかも、データをもとに自分の立体フィギュアまで作ってもらえる。データアプリと10センチスケールのフィギュアのセットで2万1000円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る