“自分フィギュア”作製も! 阿佐ヶ谷アニメストリートが熱い

公開日: 更新日:

 都内有数の“アニメ街”阿佐ヶ谷駅の高架下にできた「阿佐ヶ谷アニメストリート」が話題だ。今年3月のオープン後、休日はアニメファンのみならず親子連れや外国人観光客でにぎわう。

 日刊ゲンダイのアラサー女性記者いち押しは、ガチャガチャの並ぶ「阿佐ヶ谷駐屯地」に共同出店する「未来玩具デジモ」の3D体験だ。最近、3Dプリンターが話題だが、ここでは自分自身の3Dデータを作ることができる。

 回転式の台の上で、じっとすること1分――。バランスを取るのは意外と難しいが、台が一周すればスキャンは完了。3Dデータは3500円。スマホにアプリとして配信してもらえば、自分の立体画像をクルクル回して遊べる。しかも、データをもとに自分の立体フィギュアまで作ってもらえる。データアプリと10センチスケールのフィギュアのセットで2万1000円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る