May J. 「アナ雪」主題歌の大ヒットで紅白濃厚の声

公開日:  更新日:

「ありの~ままの~姿見せるのよ~」と、巷のOLもカラオケで歌っている。ディズニー映画「アナと雪の女王」とともに大ヒット中の、歌手May J.(メイ・ジェイ)の日本語版主題歌「Let it go~ありのままで~」である。

 同曲を含め、アンジェラ・アキのヒット曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」などをカバーしたアルバムがオリコン週間ランキングで8週連続トップ10入りしたり、バラエティー番組に出たり、東北での復興チャリティーに参加したりと、大活躍。ニューシングル「本当の恋」はTBS木曜日の連ドラ「同窓生~人は、三度、恋をする~」の挿入歌にも抜擢されている。

 日本人の父親とイラン出身の母親を持ち、幼少期から音楽の英才教育を受けてきたそうで、オペラ、ピアノ、作詞作曲のほか、ダンスまでこなすマルチぶり。

「エイベックス・アーティスト・アカデミー」のボーカル養成コースなどで歌唱力を磨き、15歳でヤマハの「シンガーコンペティション」ソロ部門特別賞を受賞と、輝かしいキャリアを積み上げてきた。ナショナルスクール(外国人学校)の「アメリカンスクール・イン・ジャパン」に通い、日本語、英語のほか、ペルシャ語もしゃべれるという国際派である。女性誌の芸能記者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る