歌手で俳優の中条きよしは売れっ子になる前から「銀座通い」

公開日:  更新日:

 酒との付き合いは半世紀。ずいぶん長いこと親しんできました。もちろん、いまも飲んでいます。仕事がらみのこともあれば、若い人に誘われて飲むこともあり、いろいろです。酒は強いですよ。おそらく腰を据えて飲んだら、いまでも若い人に負けないんじゃないかな。しかし年相応の飲み方がある。いまは会食のときに飲む程度かな。その場合、少しこだわりがあって、たとえば和食の席だったら日本酒、洋食だったらワインといったふうに酒を楽しんでいます。

 酒を覚えたのは19歳のとき。学校を出た後、船乗りになりましてね。日本海航路の貨物船の司厨員です。船員さんたちが夕食を終えると、食堂で一升瓶を傍らに茶碗酒の酒盛りが始まるわけです。

 そのとき初めて口にしたんです。酒盛りは毎晩で、最初は「こんなものか」でしたよ。ところが海が荒れだすと、船酔いも手伝って酔いの回りが一気に早くなり気持ちが悪くなる。それからトイレに一目散。出たり入ったりしながら飲んだものです。船乗りをしていたのは3カ月ほどでしたが、船を下りたときはいっぱしの酒飲みになっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る