歌手で俳優の中条きよしは売れっ子になる前から「銀座通い」

公開日: 更新日:

 酒との付き合いは半世紀。ずいぶん長いこと親しんできました。もちろん、いまも飲んでいます。仕事がらみのこともあれば、若い人に誘われて飲むこともあり、いろいろです。酒は強いですよ。おそらく腰を据えて飲んだら、いまでも若い人に負けないんじゃないかな。しかし年相応の飲み方がある。いまは会食のときに飲む程度かな。その場合、少しこだわりがあって、たとえば和食の席だったら日本酒、洋食だったらワインといったふうに酒を楽しんでいます。

 酒を覚えたのは19歳のとき。学校を出た後、船乗りになりましてね。日本海航路の貨物船の司厨員です。船員さんたちが夕食を終えると、食堂で一升瓶を傍らに茶碗酒の酒盛りが始まるわけです。

 そのとき初めて口にしたんです。酒盛りは毎晩で、最初は「こんなものか」でしたよ。ところが海が荒れだすと、船酔いも手伝って酔いの回りが一気に早くなり気持ちが悪くなる。それからトイレに一目散。出たり入ったりしながら飲んだものです。船乗りをしていたのは3カ月ほどでしたが、船を下りたときはいっぱしの酒飲みになっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る