「明日のことは考えない」 お笑い芸人品川祐が語る酒の流儀

公開日:  更新日:

 4月1日に監督作品「サンブンノイチ」が公開になる多才な芸人。酒の席では、汚い話が……。

 いつから飲み始めたのかは定かじゃないんです。親戚が集まると「飲め飲め」と勧められて、気づいたら飲んでましたね。10代から飲食店の調理場で働いてたので、仕事終わりでスタッフと飲んでましたし。

 その後はカラオケパブで、従業員兼カラオケの司会やってました。「続いては×番テーブルの××さんです!」って。お客さんにインタビューしたり、歌の最中にふざけた掛け声やったりと、お笑いっぽいこともしてた。夜中はお客さんの酒を飲んだりで、もうバーボンウイスキーを飲み過ぎて死ぬほど吐いてました。だからその時期は「気持ち悪い味=バーボン」でしたね。

 今も忘れられないのは、「ヘネシー1本を一気飲みしたら1万円あげる」とお客さんに言われた夜。グワー! って一気飲みした後の5分間で酔っぱらっていく自分が1分刻みに変化していった。笑い上戸→泣き上戸→キレる→吐く→ぶっ倒れる。酔っぱらいが一晩でやることを5分間に凝縮したんです。1万円もらえたけど、それから二十数年経った今もあの気持ち悪さが忘れられなくて、今は絶対にあんな飲み方しないですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る