勝野洋が語る「昔の撮影現場は朝からビール珍しくなかった」

公開日: 更新日:

 身長181センチ、柔道3段の偉丈夫。いつもパワフルで熱い男のイメージがある俳優・勝野洋(65)は、青山学院大柔道部で酒を覚え、さらにテキサス刑事で一躍人気者になった「太陽にほえろ!」では先輩刑事・ゴリさん役の竜雷太さんに鍛えられた――。

■「先輩から渡された調味料入りビールを一気飲みして……」

 実家は熊本県の阿蘇山のそばにある小国町杖立温泉で温泉旅館をしていました。今はもう閉めちゃったんですが、4階建ての大きな旅館で、5歳ぐらいだったか、宿泊客にふざけて日本酒を飲まされたのが酒歴の始まりです。

 父も祖父もあまり飲めなかったのに、母方が強い強い。母の兄は毎朝、朝ご飯の前にキューッと熱燗を飲んで一日がスタートするような豪傑でしたから、推して知るべしでしたよ。

 私は母方の血を引いてるようで、青学大柔道部に入ってから本格的に飲み出しました。岐阜に行った夏合宿は今でも忘れられないなあ。仲の悪い先輩同士が納会の時に私たち後輩を使って、相手を泥酔させようと画策したんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る