勝野洋が語る「昔の撮影現場は朝からビール珍しくなかった」

公開日: 更新日:

 身長181センチ、柔道3段の偉丈夫。いつもパワフルで熱い男のイメージがある俳優・勝野洋(65)は、青山学院大柔道部で酒を覚え、さらにテキサス刑事で一躍人気者になった「太陽にほえろ!」では先輩刑事・ゴリさん役の竜雷太さんに鍛えられた――。

■「先輩から渡された調味料入りビールを一気飲みして……」

 実家は熊本県の阿蘇山のそばにある小国町杖立温泉で温泉旅館をしていました。今はもう閉めちゃったんですが、4階建ての大きな旅館で、5歳ぐらいだったか、宿泊客にふざけて日本酒を飲まされたのが酒歴の始まりです。

 父も祖父もあまり飲めなかったのに、母方が強い強い。母の兄は毎朝、朝ご飯の前にキューッと熱燗を飲んで一日がスタートするような豪傑でしたから、推して知るべしでしたよ。

 私は母方の血を引いてるようで、青学大柔道部に入ってから本格的に飲み出しました。岐阜に行った夏合宿は今でも忘れられないなあ。仲の悪い先輩同士が納会の時に私たち後輩を使って、相手を泥酔させようと画策したんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る