勝野洋が語る「昔の撮影現場は朝からビール珍しくなかった」

公開日:  更新日:

 身長181センチ、柔道3段の偉丈夫。いつもパワフルで熱い男のイメージがある俳優・勝野洋(65)は、青山学院大柔道部で酒を覚え、さらにテキサス刑事で一躍人気者になった「太陽にほえろ!」では先輩刑事・ゴリさん役の竜雷太さんに鍛えられた――。

■「先輩から渡された調味料入りビールを一気飲みして……」

 実家は熊本県の阿蘇山のそばにある小国町杖立温泉で温泉旅館をしていました。今はもう閉めちゃったんですが、4階建ての大きな旅館で、5歳ぐらいだったか、宿泊客にふざけて日本酒を飲まされたのが酒歴の始まりです。

 父も祖父もあまり飲めなかったのに、母方が強い強い。母の兄は毎朝、朝ご飯の前にキューッと熱燗を飲んで一日がスタートするような豪傑でしたから、推して知るべしでしたよ。

 私は母方の血を引いてるようで、青学大柔道部に入ってから本格的に飲み出しました。岐阜に行った夏合宿は今でも忘れられないなあ。仲の悪い先輩同士が納会の時に私たち後輩を使って、相手を泥酔させようと画策したんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る