所属プロが1億円所得隠し モーレツな「お父さん犬」の稼ぎ

公開日:  更新日:

 そんなに儲かるのか、と驚いた人も多いんじゃないか。
 ソフトバンクのCMで人気の“お父さん犬”が所属する「湘南動物プロダクション」(千葉・成田市)が、東京国税局から所得隠しを指摘されていた問題。同社はすでに修正申告を済ませたというが、昨年までの5年間で約1億円、追徴税額は重加算税を含めて約4000万円というから、なかなか羽振りがいい。

「テレビに出演する動物の約9割が同社所属といわれます。また、芸能人の薬物事件が絶えないこともあり、最近は、CMも含めてテレビ業界全体が“子ども”と“動物”にシフトしている。人間の大人と違ってスキャンダルも起こさないからスポンサーも安心だし、ギャラも安い。コスパがいいんです」(テレビ局関係者)

 10年も続いている日本テレビ系の「天才!志村どうぶつ園」をはじめ、確かに、子どもや動物をテレビで見ない日はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る