日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

所属プロが1億円所得隠し モーレツな「お父さん犬」の稼ぎ

 そんなに儲かるのか、と驚いた人も多いんじゃないか。
 ソフトバンクのCMで人気の“お父さん犬”が所属する「湘南動物プロダクション」(千葉・成田市)が、東京国税局から所得隠しを指摘されていた問題。同社はすでに修正申告を済ませたというが、昨年までの5年間で約1億円、追徴税額は重加算税を含めて約4000万円というから、なかなか羽振りがいい。

「テレビに出演する動物の約9割が同社所属といわれます。また、芸能人の薬物事件が絶えないこともあり、最近は、CMも含めてテレビ業界全体が“子ども”と“動物”にシフトしている。人間の大人と違ってスキャンダルも起こさないからスポンサーも安心だし、ギャラも安い。コスパがいいんです」(テレビ局関係者)

 10年も続いている日本テレビ系の「天才!志村どうぶつ園」をはじめ、確かに、子どもや動物をテレビで見ない日はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事