ホッキョクグマは1600万円…世界の動物の“お値段”は?

公開日:  更新日:

水族館が動物商を提訴

 ホッキョクグマを1600万円で売買する契約を結んだが、手に入れられず、前金350万円が戻らないとして今月15日、男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)が、動物商「有竹鳥獣店」(東京都中央区)を提訴した。

 有竹鳥獣店が返金する方向で話が進んでいるというが、ホッキョクグマ1頭でベンツSクラスが買えてしまうとは、ちょっと驚きだ。

「いやいや、ホッキョクグマが1600万円は安すぎます。6000万円はする。今は個体数も少なくなって、年々値が上がっている。本当にその値段で取引するつもりだったのか、疑いたくなりますね」(業界関係者)

 6000万円ならフェラーリの新車を買っても楽々お釣りが出る。動物園の見方が変わってしまいそうだ。

■シャチは5億円!

 動物売買の相場は、いったいどうなっているのか。著書に「動物の値段」がある動物商「レップジャパン」代表取締役の白輪剛史氏に聞いてみた(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る