ホッキョクグマは1600万円…世界の動物の“お値段”は?

公開日: 更新日:

水族館が動物商を提訴

 ホッキョクグマを1600万円で売買する契約を結んだが、手に入れられず、前金350万円が戻らないとして今月15日、男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)が、動物商「有竹鳥獣店」(東京都中央区)を提訴した。

 有竹鳥獣店が返金する方向で話が進んでいるというが、ホッキョクグマ1頭でベンツSクラスが買えてしまうとは、ちょっと驚きだ。

「いやいや、ホッキョクグマが1600万円は安すぎます。6000万円はする。今は個体数も少なくなって、年々値が上がっている。本当にその値段で取引するつもりだったのか、疑いたくなりますね」(業界関係者)

 6000万円ならフェラーリの新車を買っても楽々お釣りが出る。動物園の見方が変わってしまいそうだ。

■シャチは5億円!

 動物売買の相場は、いったいどうなっているのか。著書に「動物の値段」がある動物商「レップジャパン」代表取締役の白輪剛史氏に聞いてみた(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る