日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホッキョクグマは1600万円…世界の動物の“お値段”は?

水族館が動物商を提訴

 ホッキョクグマを1600万円で売買する契約を結んだが、手に入れられず、前金350万円が戻らないとして今月15日、男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)が、動物商「有竹鳥獣店」(東京都中央区)を提訴した。

 有竹鳥獣店が返金する方向で話が進んでいるというが、ホッキョクグマ1頭でベンツSクラスが買えてしまうとは、ちょっと驚きだ。

「いやいや、ホッキョクグマが1600万円は安すぎます。6000万円はする。今は個体数も少なくなって、年々値が上がっている。本当にその値段で取引するつもりだったのか、疑いたくなりますね」(業界関係者)

 6000万円ならフェラーリの新車を買っても楽々お釣りが出る。動物園の見方が変わってしまいそうだ。

■シャチは5億円!

 動物売買の相場は、いったいどうなっているのか。著書に「動物の値段」がある動物商「レップジャパン」代表取締役の白輪剛史氏に聞いてみた(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事