内田嶺衣奈だけじゃない 女子アナ“赤っ恥”読み間違い伝説

公開日: 更新日:

 フジテレビの内田嶺衣奈アナ(24)が「訃報(ふほう)」を「けいほう」と読んだとして、話題になっている。内田アナは上智大文学部卒、漢検も2級というから、単に慌てただけかも知れない。ただ、振り返ってみれば女子アナの読み違えは枚挙にいとまがない。

 古くは同じフジの有賀さつきが「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだのが伝説になっているが(本当は「きゅうちゅうさんどう」と読んだ)、NHKでも青山祐子が「席巻(せっけん)」を「せきまき」とやってしまった等々……。

 ネット住人たちはこの手の話が大好き。ちょっと調べただけでも「高島彩が『団塊の世代』を『だんこんのせだい』と読んだ」「元TBSの雨宮塔子は『唐突』を『からとつ』と」「元TBSの新井麻希が『拳銃』を『きょじゅう』と」などがゾロゾロ出てくる。

「『訃報』は女子アナにとって鬼門のようで、テレビ朝日竹内由恵アナも間違えてます。ただし、こちらは『とほう』と間違えました。面白いところでは『生体肝移植』。元日本テレビの永井美奈子やフジの梅津弥英子らが、番組中何を考えていたのか『せいかんたいいしょく』と間違えてます」(女子アナウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る