内田嶺衣奈だけじゃない 女子アナ“赤っ恥”読み間違い伝説

公開日: 更新日:

 フジテレビの内田嶺衣奈アナ(24)が「訃報(ふほう)」を「けいほう」と読んだとして、話題になっている。内田アナは上智大文学部卒、漢検も2級というから、単に慌てただけかも知れない。ただ、振り返ってみれば女子アナの読み違えは枚挙にいとまがない。

 古くは同じフジの有賀さつきが「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだのが伝説になっているが(本当は「きゅうちゅうさんどう」と読んだ)、NHKでも青山祐子が「席巻(せっけん)」を「せきまき」とやってしまった等々……。

 ネット住人たちはこの手の話が大好き。ちょっと調べただけでも「高島彩が『団塊の世代』を『だんこんのせだい』と読んだ」「元TBSの雨宮塔子は『唐突』を『からとつ』と」「元TBSの新井麻希が『拳銃』を『きょじゅう』と」などがゾロゾロ出てくる。

「『訃報』は女子アナにとって鬼門のようで、テレビ朝日の竹内由恵アナも間違えてます。ただし、こちらは『とほう』と間違えました。面白いところでは『生体肝移植』。元日本テレビの永井美奈子やフジの梅津弥英子らが、番組中何を考えていたのか『せいかんたいいしょく』と間違えてます」(女子アナウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  8. 8

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

  9. 9

    過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性

  10. 10

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る