内田嶺衣奈だけじゃない 女子アナ“赤っ恥”読み間違い伝説

公開日: 更新日:

 フジテレビの内田嶺衣奈アナ(24)が「訃報(ふほう)」を「けいほう」と読んだとして、話題になっている。内田アナは上智大文学部卒、漢検も2級というから、単に慌てただけかも知れない。ただ、振り返ってみれば女子アナの読み違えは枚挙にいとまがない。

 古くは同じフジの有賀さつきが「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだのが伝説になっているが(本当は「きゅうちゅうさんどう」と読んだ)、NHKでも青山祐子が「席巻(せっけん)」を「せきまき」とやってしまった等々……。

 ネット住人たちはこの手の話が大好き。ちょっと調べただけでも「高島彩が『団塊の世代』を『だんこんのせだい』と読んだ」「元TBSの雨宮塔子は『唐突』を『からとつ』と」「元TBSの新井麻希が『拳銃』を『きょじゅう』と」などがゾロゾロ出てくる。

「『訃報』は女子アナにとって鬼門のようで、テレビ朝日竹内由恵アナも間違えてます。ただし、こちらは『とほう』と間違えました。面白いところでは『生体肝移植』。元日本テレビの永井美奈子やフジの梅津弥英子らが、番組中何を考えていたのか『せいかんたいいしょく』と間違えてます」(女子アナウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  4. 4

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  8. 8

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    東京五輪の野球で注目は、日本人選手より「日本でプレーする外国人選手」

もっと見る