フジ内田嶺衣奈アナ 訃報を「けいほう」と間違え失笑買う

公開日:  更新日:

 フジテレビ入社2年目の内田嶺衣奈アナ(24)が信じられないミスで失笑を買っている。

 1日夕に放送された「スーパーニュース」に出演した内田アナ。8月29日にハイキング中に亡くなった、元小結でタレントの龍虎さん(享年73)の「訃報」(ふほう)を伝える際、「続いては“けいほう”です」と読み間違えた。

 スタッフから誤りを指摘されたのか、後ろを振り返った内田アナは、慌てた様子で「失礼いたしました」と謝罪。すぐに「ふほうです」と言い直したが、ネット上では、「アナウンサーのレベルが……」「なんでアナウンサーになれたんだ」といった書き込みが相次いでいる。

 内田アナは上智大文学部フランス文学科卒。テレビ東京の大橋未歩アナらを輩出した「ミスソフィア」にも選ばれた才色兼備だ。2013年にフジに入社する以前は、女優の蒼井優やNMB48の藤江れいならの芸能事務所「イトーカンパニー」に所属し、アイドルとして活躍していた。

 フジテレビHPのアナウンサー紹介ページの特技・資格欄には、「実用フランス語技能検定2級」に加え、「漢字検定2級」「日本語検定3級」が列記されている。なぜこんなミスを……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る