• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジのレギュラー“超速打ち切り” 山岸舞彩に「逆風」吹く理由

 打ち切り説が盛んに飛び交っていた山岸舞彩(27)がMCのインタビュー番組「ワンダフルライフ」(フジテレビ系)が、9月14日で終了した。たった6カ月という“超スピード打ち切り”で、黒柳徹子を取り上げたのが最後になった。

 打ち切りはもちろん視聴率の低迷が原因。14日も4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわずではやむなしか。すでに指摘されていた通り、業界内に流れている山岸の潜在視聴率は7%近かったはず。それが、最近は急下降してメッキがはがれた状態だった。

 逆風の理由は何か。コラムニストの桧山珠美氏がいう。

「山岸はNHKではミニスカが注目され、男性の憧れのキャスターとして話題になりました。しかし、民放には山岸レベルのキャピキャピしたアナウンサーはいくらでもいるし、意外に色気がないから単なるサバサバ系に映ったのです。時折見せる上昇志向もうっとうしかったですね。番組ではリリー・フランキーとコンビを組んでいましたが、彼をフォローする際なんか出しゃばり女にしか見えませんでした。女性には嫌われるし、男性もドン引きだったのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る