フジのレギュラー“超速打ち切り” 山岸舞彩に「逆風」吹く理由

公開日: 更新日:

 打ち切り説が盛んに飛び交っていた山岸舞彩(27)がMCのインタビュー番組「ワンダフルライフ」(フジテレビ系)が、9月14日で終了した。たった6カ月という“超スピード打ち切り”で、黒柳徹子を取り上げたのが最後になった。

 打ち切りはもちろん視聴率の低迷が原因。14日も4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわずではやむなしか。すでに指摘されていた通り、業界内に流れている山岸の潜在視聴率は7%近かったはず。それが、最近は急下降してメッキがはがれた状態だった。

 逆風の理由は何か。コラムニストの桧山珠美氏がいう。

「山岸はNHKではミニスカが注目され、男性の憧れのキャスターとして話題になりました。しかし、民放には山岸レベルのキャピキャピしたアナウンサーはいくらでもいるし、意外に色気がないから単なるサバサバ系に映ったのです。時折見せる上昇志向もうっとうしかったですね。番組ではリリー・フランキーとコンビを組んでいましたが、彼をフォローする際なんか出しゃばり女にしか見えませんでした。女性には嫌われるし、男性もドン引きだったのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか