林修先生vs東新 衝突の背景に“社長のワンマン体質”!?

公開日:  更新日:

「今でしょ!」でブレークした林修先生に何が起きたのか。所属している東進ハイスクールとの間でトラブルが発生しているのだ。

 発端となったのは、21日の林氏自身のブログ。「ご質問にお答えします」と題して、〈僕は一切作成に関わることはありません〉〈理由は、東進の模試作成を担当する部署の職員たちと、模試に対する考え方の乖離があまりにも大きく、一緒にやっていくのは不可能と判断したからです〉と書き込んだのだ。

 突然のトラブル告白に、ネット上では「予備校講師を辞めるのか」と大騒ぎ。翌日のブログで〈今回、考え方の相違から、模試事業本部に対する問題提供は停止しましたが、今後も東大特進の授業においては、僕の作ったオリジナル問題を使用し続ける予定です〉と“辞職”を否定する事態となった。

 背景には、模試のクオリティー低下があったようで、模試を受けた学生らから林氏のブログに問い合わせがあったという。ブログでは、〈東進の模試担当職員の考える「クオリティ」は、僕の考えるそれとは、どうも違うのです。(一つ例を挙げれば、少しでもいい問題にしようとこだわる僕に対して、「穴があかないことが第一だ」と言い放たれたときは、本当に驚きました)〉ともつづっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る