林修先生vs東新 衝突の背景に“社長のワンマン体質”!?

公開日: 更新日:

「今でしょ!」でブレークした林修先生に何が起きたのか。所属している東進ハイスクールとの間でトラブルが発生しているのだ。

 発端となったのは、21日の林氏自身のブログ。「ご質問にお答えします」と題して、〈僕は一切作成に関わることはありません〉〈理由は、東進の模試作成を担当する部署の職員たちと、模試に対する考え方の乖離があまりにも大きく、一緒にやっていくのは不可能と判断したからです〉と書き込んだのだ。

 突然のトラブル告白に、ネット上では「予備校講師を辞めるのか」と大騒ぎ。翌日のブログで〈今回、考え方の相違から、模試事業本部に対する問題提供は停止しましたが、今後も東大特進の授業においては、僕の作ったオリジナル問題を使用し続ける予定です〉と“辞職”を否定する事態となった。

 背景には、模試のクオリティー低下があったようで、模試を受けた学生らから林氏のブログに問い合わせがあったという。ブログでは、〈東進の模試担当職員の考える「クオリティ」は、僕の考えるそれとは、どうも違うのです。(一つ例を挙げれば、少しでもいい問題にしようとこだわる僕に対して、「穴があかないことが第一だ」と言い放たれたときは、本当に驚きました)〉ともつづっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る