世界のうめざわが語る「電波少年」「エンタの神様」撮影ウラ話

公開日: 更新日:

「自分が応援する球団が勝てば、3食出前支給。負ければ食事抜き、って地獄みたいな企画でした。カープはワンシーズンの間に9連敗したこともあって、あれはツラかった。負けてもホームランの本数だけアイスバーをもらえて、それで空腹をしのぐんです。中にはそれさえもらえず、ドクターストップで運ばれるヤツもいた。そんな思いをしたのに、番組の人気は低迷、野球企画はまったく話題にならないことだけが分かりました」

■“天下無双のモヒ勘流”で芸能人をメッタ切り

 埼玉県出身。音楽専門学校でドラムを学ぶも、25歳にしてお笑い芸人を目指す。29歳にして出演した前述の「電波少年的ペナントレース」が実質のお笑いデビューだった。

「お笑いだけじゃ食えず、32歳くらいまでは埼玉の司法試験の予備校で事務職員やったり、夜は将棋道場で働いてました。そのうち企業のパーティーやパチンコ屋の営業、ディナーショーの司会とかに呼ばれるようになって、テレビに出なくても食えるようになった。生活的には女遊びなし、酒もほどほどの堅実派で、正直、カネは貯まります、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る