日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ東に非難の声 錦織の決勝「地上波独占中継」が途中で終了

 テレビ東京が5日午後2時から「地上波独占」と銘打って中継した男子プロテニス「楽天ジャパン・オープン」の決勝、錦織圭(24)対ミロシュ・ラオニッチ(カナダ=23)の一戦が、試合途中にもかかわらず放送終了となり、ファンや視聴者からひんしゅくを買ってしまった。

 錦織に1セットリードされていたラオニッチが第2セット5-4、ゲームカウント40-15でセットポイントを迎えた場面、画面上に突然<試合の途中ですが、まもなく放送を終了します。試合の結果はこのあとの番組内でお知らせします>のテロップが流れ、実況の増田和也アナが釈明。解説していたスポーツキャスターの松岡修造氏(46)も、「これは…大変申し訳ありませんというか…申し訳ありません、ですねえ」と詫びた。テレビ東京の放送は、ラオニッチが第2セットを取った直後に終了した。

 突然の終了に対し、視聴者は当然がっかり。放送開始からしばらくツイッターでは、「テレ東エライ!」「決勝放送は地上波テレ東の勝利」などとテレビ東京“礼賛”が圧倒的だったものの、放送終了時間が近づくにつれ、「延長しないの?」と心配の声に。そして放送が終わるや、「テレ東なんかケチくさい」「最後まで放送する気が無いなら止めとけよ」「何てモヤモヤする終わり方や。地上波はやっぱりアカンね」などといった、落胆と非難のツイートに変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事