日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低視聴率で尻に火 沢尻エリカが突っ走る“お色気路線”

 沢尻エリカ(28)にとってはまさかの結果で尻に火が付いた。

 今春放送後、たったワンクールを挟んで異例のシーズン2入りした主演ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)。鳴り物入りで始まったが初回視聴率が8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)では真っ青になるのも当然だろう。

「前回は23時台の放送で、平均8%弱。シーズン2はプライム帯の放送と格上げされただけに、10%割れは想定外です」(テレビ関係者)

 しかも、キャストは前作より何倍も充実している。木村佳乃、夏木マリ、余貴美子、倉科カナなど主役級を投入しているのだ。

 この数字に憤慨した沢尻は早速スタッフを集め、リベンジ宣言を行ったという。

「台本や演出にも以前にもまして口を挟むようになりました。ドラマは女の壮絶なバトルを描いたもので、視聴率を取るためにお色気シーンも必要と提案しているとか。今後は着替えやラブシーンなど、かなり際どいシーンが登場する可能性があります」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事