日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石原さとみ&松下奈緒も…秋ドラマ「ヒロイン2人制」の戦略

 成功モデルをパクって制作するのは常套手段。この秋ドラマも慣例にならい、各テレビ局はテレビと映画のヒット作――「花子とアン」や「昼顔」、「アナと雪の女王」同様、2人のヒロインにスポットをあてた作品を手がけている。

 友人同士、姉妹、職場の同僚と三者三様の設定。偶然にも(?)モロかぶりは回避された格好だ。

 永作博美(44)と石田ゆり子(45)は学生時代の旧友の仲だが、かたや専業主婦で、かたやキャリアウーマン。深田恭子(31)がトラウマを抱えて悶々としているアラサーなら、寺島しのぶ(41)は我が強くて協調性に欠けるアラフォーの弁護士同士。そして、石原さとみ(27)がヤンチャな妹で、松下奈緒(29)は堅物で安定志向型の姉……。

 つまり、生き方や性格、世代が異なる“あべこべ”を採用しているというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事