家族で京都へ移住…本上まなみが語った“勝ち組ママ”生活

公開日:  更新日:

 22日、新ネットサービス「T―SITE」のオープン記念イベントに登場した本上まなみ(39)。昨年4月から家族で京都に移住し、7歳の長女と1歳半の長男の子育てに奮闘している。

 特に長男に手を焼いているそうで、「あまりにやんちゃ過ぎて毎日ビックリ。古い築年数不明の家に住んでいるのでほとんどが和室で、畳は転んでも痛くない半面、滑りやすい。この前も畳の上で走り回って、机の角におでこをぶつけて2針縫った。先が思いやられます」と苦笑していた。

 今年は映画2本に出演しているものの、ドラマやCMはここ2年出ていない。その一方、BSでは写真番組を持ち、「文筆家」として出版したエッセー集はすでに7冊目。中途半端な「ママタレ」とは一線を画しているのだ。以前、雑誌の対談インタビューでは「ママタレと呼ばれる人とは違う」というホストの問いに「それだけの器量がないですから」と謙遜していたが、絵本の翻訳もこなすなど、気品あふれる「インテリママ」の評価は年々高まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る