• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家族で京都へ移住…本上まなみが語った“勝ち組ママ”生活

 22日、新ネットサービス「T―SITE」のオープン記念イベントに登場した本上まなみ(39)。昨年4月から家族で京都に移住し、7歳の長女と1歳半の長男の子育てに奮闘している。

 特に長男に手を焼いているそうで、「あまりにやんちゃ過ぎて毎日ビックリ。古い築年数不明の家に住んでいるのでほとんどが和室で、畳は転んでも痛くない半面、滑りやすい。この前も畳の上で走り回って、机の角におでこをぶつけて2針縫った。先が思いやられます」と苦笑していた。

 今年は映画2本に出演しているものの、ドラマやCMはここ2年出ていない。その一方、BSでは写真番組を持ち、「文筆家」として出版したエッセー集はすでに7冊目。中途半端な「ママタレ」とは一線を画しているのだ。以前、雑誌の対談インタビューでは「ママタレと呼ばれる人とは違う」というホストの問いに「それだけの器量がないですから」と謙遜していたが、絵本の翻訳もこなすなど、気品あふれる「インテリママ」の評価は年々高まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る