元TBSアナ小島慶子がオーストラリアへ移住していた

公開日:  更新日:

 元TBSアナウンサーで現在はフリーの小島慶子(41)が、7日発売の女性誌「VERY」に連載する自身のエッセイで、今年2月に一家揃ってオーストラリアのパースに移住したことを明かしている。

<よし、一家でオーストラリアに引っ越そう!>と題した同エッセイによると、昨年はじめ、夫が長年勤めた会社を辞め、専業主夫に転身。それを機に夫婦で今後の人生について何度も話し合い、海外移住に至ったという。

 また、自分の子どもが中学受験のために夜も塾通いを強いられることに違和感を覚え、かねてから豪州の教育にも関心を持っていたようで、小島の生まれ故郷であるパースを昨秋家族で訪ねたところ、子育てにも最適な環境が見つかったという。

 小島慶子は、TBSアナウンサー時代にパーソナリティーを務めたラジオ番組では、歯に衣着せぬ物言いで、「ラジオの女王」として人気を博した。フリー転身後、事務所移籍などを経てテレビのバラエティーやトーク番組に出演、活躍の場を広げて4年が経つが、彼女には大きな転機が訪れたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る