• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イメージ一変 日記でわかった壇蜜のノーマル過ぎる日常

 セクシー女優の壇蜜(33)が書いた文庫本「壇蜜日記」が、おじさん読者を萌えさせている。この本、昨年10月から今年8月までの日記をまとめたもの。これを読む限り、世間が壇蜜に抱いている「エロ系タレント」のイメージとはガラリ一変、極めてノーマルな日常を送っていることがわかる。

 なにしろ、登場する舞台は、スーパー、コンビニ、熱帯魚店に動物病院、ファミレスとそば屋の繰り返し。ぜいたくのかけらもなく、お値打ち品に飛びつき、愛読書の猫漫画本の発売日を仕事の励みにし、デカパンと湯たんぽ、薄毛用シャンプーを手放せないアラサー女優の何も起こらない日々を淡々とつづっている。

■艶話は過去形

 色っぽい話題といえばアンダーヘアを剃った話と人前でセックスしたことがあると取材で明かした話くらい。


 アンダーヘアを剃ったのは、「明確な理由は特になく、無いほうがいいだろうという脱毛サロン店員の謎のお告げを受け入れた。プライベートで事前に説明をせずに脱いで営む際どれぐらいの割合で驚くのだろうか」を知りたかったから、とか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る