イメージ一変 日記でわかった壇蜜のノーマル過ぎる日常

公開日:  更新日:

 セクシー女優の壇蜜(33)が書いた文庫本「壇蜜日記」が、おじさん読者を萌えさせている。この本、昨年10月から今年8月までの日記をまとめたもの。これを読む限り、世間が壇蜜に抱いている「エロ系タレント」のイメージとはガラリ一変、極めてノーマルな日常を送っていることがわかる。

 なにしろ、登場する舞台は、スーパー、コンビニ、熱帯魚店に動物病院、ファミレスとそば屋の繰り返し。ぜいたくのかけらもなく、お値打ち品に飛びつき、愛読書の猫漫画本の発売日を仕事の励みにし、デカパンと湯たんぽ、薄毛用シャンプーを手放せないアラサー女優の何も起こらない日々を淡々とつづっている。

■艶話は過去形

 色っぽい話題といえばアンダーヘアを剃った話と人前でセックスしたことがあると取材で明かした話くらい。


 アンダーヘアを剃ったのは、「明確な理由は特になく、無いほうがいいだろうという脱毛サロン店員の謎のお告げを受け入れた。プライベートで事前に説明をせずに脱いで営む際どれぐらいの割合で驚くのだろうか」を知りたかったから、とか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

もっと見る