イメージ一変 日記でわかった壇蜜のノーマル過ぎる日常

公開日: 更新日:

 セクシー女優の壇蜜(33)が書いた文庫本「壇蜜日記」が、おじさん読者を萌えさせている。この本、昨年10月から今年8月までの日記をまとめたもの。これを読む限り、世間が壇蜜に抱いている「エロ系タレント」のイメージとはガラリ一変、極めてノーマルな日常を送っていることがわかる。

 なにしろ、登場する舞台は、スーパー、コンビニ、熱帯魚店に動物病院、ファミレスとそば屋の繰り返し。ぜいたくのかけらもなく、お値打ち品に飛びつき、愛読書の猫漫画本の発売日を仕事の励みにし、デカパンと湯たんぽ、薄毛用シャンプーを手放せないアラサー女優の何も起こらない日々を淡々とつづっている。

■艶話は過去形

 色っぽい話題といえばアンダーヘアを剃った話と人前でセックスしたことがあると取材で明かした話くらい。


 アンダーヘアを剃ったのは、「明確な理由は特になく、無いほうがいいだろうという脱毛サロン店員の謎のお告げを受け入れた。プライベートで事前に説明をせずに脱いで営む際どれぐらいの割合で驚くのだろうか」を知りたかったから、とか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る