海老蔵は「大口払い戻し」常連? 武豊が仰天エピソード披露

公開日: 更新日:

 28日、市川海老蔵(36)と武豊騎手(45)が「JRA60周年記念 馬と歌舞伎 サラブレッドトークショー」に登場した。

 武は「海老蔵さんと初めて会ったのは大阪の北新地。ファンですね。カッコイイ男が好きなので」というほどの海老蔵ファン。「え、ソッチの人?」と隣でおどける海老蔵も競馬好きで知られ、「娘(長女の麗禾ちゃん)に『動物園に行こう』と行ったのが東京競馬場でした。『1種類の動物しかいないけどいい? パパ、一生懸命動物を観察するからそばにいてね』と言って。(娘は)ほぼ寝てましたね」と語った。

“相思相愛”の2人。武は「よく海老蔵さんが大口の払い戻しをしているというウワサを聞きますよ。春の天皇賞の後、偶然、ある酒場でお会いした時も(札束が)財布に入ってなくてカウンターに積んでありましたからね」と暴露。海老蔵も「あの日は勝ちましたねえ」としみじみ答えるなど、息はぴったりだった。

 この日、海老蔵は珍しく、壇上でスマートフォンを取り出すことがないままイベントが終了。「豊さんは“歴史”。レジェンドですよ」と称えるだけあって、ちょっと緊張気味だった?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る