確率論を駆使…勝間和代さんは「オンライン麻雀プロ」の腕前

公開日:  更新日:

 この人のハマりっぷりは半端じゃない。競技麻雀とは、あくまでゲームとしてネットなどで行う麻雀のこと。本格的に始めてまだ1年ちょっとだが、この9月から連載中の自身のブログのコラムで、「来年の麻雀プロ試験を受けようかと思っています」と宣言。9日はCS放送の生番組でプロ雀士と対戦する。はたして、その腕前は――。

 高校生のときからファミコンで遊んでいたそうだから、麻雀歴は二十数年。しかし、サークル仲間と雀荘で打つようになった大学時代は、「役がなんとなく分かってる程度で、楽しかったけれど負けてばかりで面白くはなかったです」。社会人になってからも誘われて1、2回しか打った記憶がないという。

 本格的に始めたのは去年の今ごろだ。

「10月にゴルフのコンペに出たとき、懇親会で同席した人たちと『次回はゴルフのあとに麻雀をしよう』という話に。あまりにも下手で迷惑を掛けたらいけないと思い、ネットのオンライン麻雀で勉強し始めたんです。ツイッターで紹介してもらった確率重視の『科学する麻雀』と『おしえて!科学する麻雀』を読みました。私は大学院で確率論や統計を学び、会計士のときは金融とリスク分析が専門だったので、すぐのみ込めましたね。で、その通りにやったら打つたびに勝って、あっ、これは面白い!……と」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る